>   >   > 【ニュース】真木よう子の「異変」にドラマスタッフもビクビク
ニュース
【premium限定ニュース】

真木よう子の「異変」にドラマスタッフもビクビク

+お気に入りに追加
真木よう子の「異変」にドラマスタッフもビクビクの画像1
『セシルのもくろみ(フジテレビ)』公式サイトより

「主演・真木よう子」は見納めか? 8月31日に放送された真木主演のドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)第8話の平均視聴率は自己最高の5.3%(ビデオリサーチ調べ)を記録したものの、次回第9話で最終回となることがわかった。

 放送前に9話で打ち切りとの情報が流れたためか、前回から0.9ポイントも上昇する皮肉な結果に。舞台裏をテレビ関係者が明かす。

「全10話の予定でしたが、ドラマは序盤から視聴率3%台を連発。主演の真木自らがツイッターで低視聴率ぶりを嘆いたり、それを揶揄した一部報道に噛みつく一幕も。さらにはコミケ参加表明をめぐる炎上やツイッター削除など、とにかくネガティブな話題ばかり振りまいていた。スポンサーも早くから降りるタイミングを見計らっていて、当初は6~8話で終了する方向で調整されていました。しかし、スポンサーがフジテレビとの付き合いを考えてギリギリまで譲歩。この数字でよく9話までやらせてもらえたなという印象です」

 真木はコミケ参加をめぐる一連の騒動で炎上したツイッターのアカウントを削除。同日8月29日にはドラマの収録をドタキャン。かなりメンタルが弱っていたようだ。

「実際、ドラマ終盤の収録では、スタッフがほかの共演者に対して、『真木さんを怒らせないようにNGを出さないでください』と、異例のお願いをしていたといいます。スタッフから見ても、彼女のメンタルに異変が感じられたのでしょう。打ち切りとなったタレントは商品価値が半減するのに加え、真木には『ヤバイ女』というイメージがついてしまった。しばらく『主演・真木』にGOサインを出すスポンサーは現れないでしょうし、脇役の出演機会も激減するでしょうね。ドラマの打ち上げはかなりこじんまりとしたものになるそうですよ」(前出・テレビ関係者)

“もくろみ”が外れまくりの真木だが、女優生命を繋ぎ止めるためにも最終回も自己最高視聴率で締めくくりたいところだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』