>   >   > オトメゴコロ乱読修行【25】/【ラ・ラ・ランド】は童貞中年男のポルノだ!?
連載
オトメゴコロ乱読修行【25】

【『ラ・ラ・ランド』】は、童貞中年男がよだれを垂らすポルノ・ムービーだった!?

+お気に入りに追加

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

1705_inada.jpg

 今年のアカデミー賞で14ノミネート、6部門を受賞し、ミュージカル映画としては異例の大ヒットを飛ばしている『ラ・ラ・ランド』。国内外のマスコミ・文化人による絶賛の嵐を経て、日本公開から間もなく2カ月。各所での感想戦が一巡し、いい大人のオッサンがフェイスブックで「3回目の鑑賞!」などとドヤ顔でチケット半券写真を投稿するラッシュも一段落した今、気になることがある。同作への評価が、男性は「絶賛」が大半なのに対し、一定数の女性が「それほどでもない」と白けていることだ。というわけで、今回は結末ネタバレ上等にて、その理由を探りたい。

 ストーリーは、現代のLAを舞台にした典型的なボーイ・ミーツ・ガールものだ。主人公は売れないジャズピアニストのセブ(ライアン・ゴズリング)と、なかなか芽が出ない女優志望のミア(エマ・ストーン)。2人の出逢いと恋愛模様、それぞれが叶えたい夢の前に立ちはだかる現実が描かれる。

 結論から言えば、本作は男が最高に気持ち良くなれるよう巧妙に設計された「超・男の子映画」だ。

 セブははやりの現代ジャズを頑なに否定し、オールドスタイルのジャズに固執する。自分の追求する音楽こそが“本物”であり、それ以外の価値観を認めようとしない。いつか自分の認めるジャズだけを演奏する店を持ちたいと考えているが、なんの実績も資金的なアテもないまま、長らくくすぶっている。つまりいい年こいて厨二病全開野郎であり、口で理想を語るだけのオジサン文化系男子と大差ない。……のだが、むしろそれゆえに、我々はセブに一瞬で感情移入できてしまう。

 我らが文化系男子たちが常に夢見ているのは、好いた女が自分の「才能」に惚れること(異論は認めない)。本作もその点は抜かりない。ミアがセブに惚れたきっかけは、店から屋外に漏れ聞こえてきた彼のピアノ演奏、つまり「才能」そのものだからだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』