>   >   > ヒップホップの筋肉史【3】/【海外ヒップホップ】の筋肉史

――一昔前までは、隆々とした筋肉をアーティスト写真や作品のアートワーク、果てはミュージックビデオなどでも惜しげもなく披露してきた海外のDJやラッパーたち。しかし、時代の変化と共に、その筋肉に対するあり方は、大きな変化が起きている──。その内情とは、いかなるものか。歴史を振り返りながら考察する。

「筋肉の誇示」から「ほんのりマッチョアピール」へ海外ヒップホップ・シーンにも変化が?男らしさとホモフォビアの筋肉史の画像1
海外の大手フィットネス雑誌「Muscle & Fitness」(16年12月号)の表紙を飾る50セント。これまでに3回表紙を飾っている余裕からか、ドヤ顔も板に付いている。

 1970年代、ニューヨークのブロンクスにて誕生したときから、「強い者が弱い者を制する世界」であったヒップホップというカルチャー。そのヒップホップの生みの親といわれているDJクール・ハークは、DJを始める以前から熱心に体を鍛えており、その強靭な肉体から「Hercules」(=ヘラクレス)というニックネームが付けられ、これが彼のDJネームの元にもなっている。つまり、ヒップホップはその誕生の瞬間から、筋肉至上主義=マッチョイズムとは切っても切れない関係であったというわけだ。

 70年代後半になると、ヒップホップの主役の座はDJからラッパーへと移っていき、当然、マッチョイズムも彼らへと引き継がれる。最初に“筋肉”を意識的にアピールしたラッパーといえるのが、グランドマスター・メリー・メルという人物だ。彼は〈グランドマスター・フラッシュ&ザ・フューリアス・ファイヴ〉というグループの一員として活躍していたときから上半身裸にレザーのベストという姿でステージに立ち、その肉体を惜しげもなくアピールしていた。85年にリリースしたソロ・シングル曲「Pump Me Up」は、直接的に筋肉をテーマにした曲ではないものの、タイトルそのものがトレーニングとも結びついており、さらにプロモーションビデオには女性のボディビルダーまで登場。そんな背景も踏まえ、個人的には、この曲こそが世界最初の〈筋肉ラップソング〉と認定したい。ちなみにその後、メリー・メルはさらにトレーニングの世界にドップリとハマり、ボディビルディングの世界でもレジェンドと呼ばれる存在にもなり、07年には『Muscles』というド直球なタイトルのアルバムをリリースするなど、現在も筋肉ロードを突き進んでいる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』