>   > ジリ貧ラジオが今背負うもの【6】/【書き起こし】で広がるラジオの輪
1703_c03_column_05_230.jpg
タイムフリー機能実装前の復習の場といえば、書き起こしサイト。

  もともとインターネットとも親和性が高いラジオだが、今、関係者が注目しているのが“書き起こしサイト”の存在だ。

「みやーんZZさんという方が非公式の書き起こしサイトを運営されていて、放送を聴き逃したら、そのサイトで追体験するという行動パターンのリスナーも多いようです」(松尾氏)

 書き起こしサイトは、ラジオ番組のトークをテキスト化してアーカイブするもので、みやーんZZ氏はそんな書き起こし職人のひとり。高橋芳朗氏が『ジェーン・スー 生活は踊る』にて担当している音楽コーナー「ミュージックプレゼント」の書き起こしもみやーんZZ氏がオフィシャルで担当し、TBSラジオのウェブサイトに毎週掲載されている。「書き起こしサイトがネットで拡散されリスナーが広がったり、自分の仕事の幅が広がったこともありますね」(高橋氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学
    • 歴史で見る【悪法】のトリセツ
    • 【悪法】は司法でどう扱われるか?
    • 【悪法】誕生のカラクリ
    • 【法哲学者】が語る悪法対処法
    • 【刑法改正】は穴だらけ?

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

インタビュー

連載