>   >   > 【朝比奈花恋】優勝しました!
ニュース
サイゾー×HOTCHKISS「第2回カラーグラビア出演争奪バトル」

【朝比奈花恋】私、優勝したかったんです!

+お気に入りに追加
1701_hotchkiss_520.jpg
(写真/チャニ)

 未来の大型アイドル・タレントを目指す女の子たちが集う月額ファンサイト「HOTCHKISS」上にて開催された本誌グラビア争奪バトル。第2回目となる今回は9人のキュートな女の子がエントリーし、見事栄冠を勝ち取ったのは、アイドル・グループ〈らぶけん〉(愛乙女☆DOLL6期研究生)として活動する朝比奈花恋ちゃん。「絶対、優勝したかったんです!」と照れながら語りつつも、童顔フェイスとは裏腹な、長身でスラリと伸びた美脚のギャップに悩殺フィーバー!

「優勝できなかったら落ち込みそうだったので、あまり期待せず結果を待っていたんですが、優勝の報告をいただけて、自宅でひとり跳び上がりました(笑)。もともとサイゾーは『グラビアがたくさん載っている』というイメージがあったので、撮影、緊張しましたね」

 弱冠23歳、月刊サイゾーを知っていて、日刊サイゾーは知らなかったと話す花恋ちゃんは、どうやら政治やスポーツにも興味があるようで。

「最近だとトランプの大統領就任や、ヤクルト新垣渚選手の引退……私、福岡出身だから新垣選手がホークスからヤクルトに移籍したのもショックで、しかも今年で引退……って私、野球オタクなんです」

 そんな彼女が目標とする人物は、同郷で同い年の西内まりや。サイゾーのグラビアをきっかけに、西内まりやを追い越しちゃいな!

「いつか追い越せるように……って、おこがましいですね! でも、そういう野心を持っていたほうが、向上心につながりますよね。2017年は、らぶけんの活動もがんばりつつ、研究生を卒業して、今回よりも多いカラー3P以上のグラビアを飾りたいと思います! 実現しなかったら、サイゾーで罰ゲームグラビアやりますよ☆」

(文/編集部)
(ヘア・メイク/ISINO)
(企画・プロデュース/高須基一朗)

あさひな・かれん
1994年、福岡県生まれ。B83W61H84。アイドル・グループ「らぶけん」(愛乙女☆DOLL6期研究生)メンバー。14年間続けたクラシックバレエのおかげで、どんなポージングも軽やかにこなす!
ツイッター〈@asahina_karen20〉ブログ〈http://ameblo.jp/love-loveken

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」