>   >   > 【ビートたけし不定期連載】「ゲス不倫」が流行語になったけど、なんで1回か2回不倫したくらいでワイドショーは騒ぐんだ。

――ビートたけしが、話題の人物たちを、斬って、アジって、愛を喰らわせる不定期連載。いい加減なのに的を射る。これこそ、われわれが求めている“たけしイズム”だ !!

1606takeshi01.jpg

 ドナルド・トランプが次の大統領に決まっちゃった。ただ、選挙戦ではなんだかんだ過激なことを言ってても、就任後は側近にちゃんと分かってるのを置いて無難にやると思うよ。でもさ、名前を売るだけのつもりが本当に大統領になっちゃって、意外と「どうしよう」とシュンとなってるんじゃないか。

 それでも公約したことをやらないといけない。大統領権限って結構あるから、メキシコ移民などのヒスパニックのヤツにとっては脅威だよ。ただヒスパニックに仕事を取られたプアホワイトって呼ばれる白人の労働者にとってトランプは希望かもしれないけど、ヒスパニックが仕事を取り続けるのは変わんないでしょ。だって、賃金が全然違うんだから。密入国してきた不法移民なんか、法律で定めたれた最低賃金以下で働かされても雇用主を訴えないから、雇った側はやりたい放題。白人なんて使わないよ。仮にみんなが法定賃金で働くようになったら、アメリカの物価がバカ高くなるから、TPPなんかやってられないでしょ。

 移民政策はきつくはなるだろうけど、アメリカに貢献度のある移民はアメリカ国籍をあげるんじゃないの。プーチンがスティーブン・セガールにロシア国籍をあげたみたいにさ。

 モナコなんかは、移民政策がうまいよな。モナコの銀行の口座に8000万円入れて申請すれば帰化できる。条件は働かないこと。カネを使って余生を送る人だけ受け入れる。その代わり、納税もしなくていいっていう。

 トランプが一番恐れているのは、マフィアとの関係じゃねーかな。以前、アトランティックシティにトランプがカジノホテル作ったんだけど、そんときに労働者がストライキを起こしたんだよね。アメリカの労働組合ってのはたいていマフィアが仕切ってるんだけど、こんときも労働組合を仕切ってたのは、かなり凶暴なマフィアだった。トランプはカジノホテルを一日も早くオープンさせたかった。一日遅れるだけで銀行の利子がじゃんじゃん増えるから。なのにストライキ。結局、マフィアにカネで片つけて、オープンにこぎつけたんじゃないかな。

 それにしても大統領選で笑ったのは、クリントンとトランプしか出てないのかと思ったら、泡沫候補がいっぱいいたってこと。「各家庭にポニーを飼わせる」とか、猫の候補者とか。スローガンは「Meow Is the Time(時は来たニャ)」だって。

 日本もすごい泡沫候補がいたよね。なんつったって参院選に2度出馬した月亭可朝の公約は「一夫多妻制」と「風呂屋の番台をなくす」だったもんなー。くだらねー。バカなこと言ってるのがいるなー、おもしれーなーと思うけどな。

カストロ死去で野球界が変わる!?

 国際政治の話題でいえば、キューバのフィデル・カストロ国家評議会議長が亡くなった。まあ、カストロの社会主義政権は今までよくもったよ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」