>   >   > 【岸明日香】地球おっぱいvs宇宙
1611_fox_520.jpg
(写真/チャニ)

 人類とエイリアンの壮絶なる死闘を描いた巨編『インデペンデンス・デイ』が公開されたのは1996年。それから20年後の舞台を描くシリーズ新章『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』が、ついにDVD化。地球に襲来した巨大宇宙船はスケールを増大させ、人類を脅かすエイリアンの知能も進化。「こんなんじゃ、地球が滅んじゃうよ……」を阻止するべく、ひとりの勇敢な女性が立ち上がった! そう、巨大宇宙船と地球をあしらったお手製水着を着用し、岸明日香ちゃんが一肌脱いでくれたのだ(一人二役!)。

 そんな超絶バスト・バトルを傍目に、祝・発売記念で、“インデペンデンス=自立”と“リサージェンス=復活”について、明日香ちゃんの考えを聞いてみました。まずは映画本編は、どうでしたか?

「まばたきをしたら見落としちゃうくらいスピード感があって、何度も見返しちゃいました。数多くの人物が登場しますが、私が共感したのは、元大統領の娘であり、今作のヒロインでもあるパトリシア(マイカ・モンロー)。最初は女性大統領のランフォード(セーラ・ウォード)がかっこいいなって思っていたんですけど、見ているうちにパトリシアに感情移入しちゃって。でも、ランフォードが敵か味方かわからない飛行物体に対して、『攻撃して!』と指令を出したのは、胸がキュンとしました。女性は優柔不断に見られがちだけど、大事な局面では決断力の強さを発揮しますからね!」

 では、ひとつ目のキーワード“自立”について。

「経済的にも精神的にも安定していて、自らの価値観や基準を持って意見できるというのが私の思う自立している女性像。でも、場合によっては男性に引かれる可能性もあるから、その駆け引きって難しいですよね。映画でいったらパトリシアがそれに近いので、感情移入できたのかも。今年で芸能界5年目で、お仕事も安定してきて、昔は何も言えない子だったんですが、自分の意見を言葉にして言えるようになりました。やりたいことなら、なぜやりたいか。芸能のお仕事は、何か人の役に立ちたいと思って始めたんですが、自分に余裕がないと人の役に立つことなんか無理ですもんね」

 しっかりしてる、明日香ちゃん! では、最近“復活”したことは?

「小学生の頃に習っていた書道熱が復活しました! 中学校でやめちゃったんですけど、去年から書道学校に通うようになって。月に4回の授業で、多いときは2時間書きっぱなし(笑)。あと1年半くらいかかるんですけど、きちんと通って師範免許を取得する予定です!」

 継続は力なり! 『インデペンデンス・デイ』シリーズも今作で2作目、エンディングを見た明日香ちゃん、続編はあると感じた……?

「そう感じさせる演出でしたよね。さらに進化したエイリアンが再々来……しちゃうんですかね? 1作目と比較して、宇宙船も大きくなって、敵も強くなってましたもんね。あ、強いといえば、パトリシアのお父さん(1作目では大統領を演じたパイロット)トーマス(ビル・プルマン)が彼女に『俺がお前を守る』って言葉にするじゃないですか。男性の登場人物では圧倒的にパトリシアパパが大好き。日本人って、こういうストレートな愛情表現は苦手ですよね。自立するためには……やっぱり心で思ったことは、言葉に出していかないと、ですね!」

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

(文/編集部)
(ヘア・メイク/ISINO)

1611_independences.jpg

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』
人類がエイリアンとの壮絶な死闘に勝利を収めてから20年後の2016年7月、宇宙船で再び地球に襲来してきたエイリアンはさらなる進化を遂げ、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ドバイといった各国の主要都市を次々に破壊。ESD(地球宇宙防衛)の部長デイビッド、元合衆国大統領ホイットモア、若き戦闘機パイロット、ジェイクらの必死の奮闘も空しく、敵の猛攻撃にさらされて防衛システムを無力化された人類の運命はいかに……?
『インデペンデンス・デイ:リサージェンス 2枚組ブルーレイ&DVD』販売元:20世紀フォックス 発売日:11月5日 価格:3,990円(税別)

岸明日香(きし・あすか)
1991年、大阪府生まれ。B型。身長158センチ、B90(Gカップ)W58H88。12年に本格的にグラビア・デビュー。現在はバラエティをはじめ、ドラマ、映画、雑誌など活動の幅を広げている。「激!今夜もドル箱」(テレビ東京)、AbemaTV「AbemaWave」(土曜22:30~)レギュラー出演中。
あすぽんずBlog〈http://ameblo.jp/asuka-kishi

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ
    • 【ハリウッド】の性接待(禁)事情
    • 男女問わず性生活を楽しんだ【ドロシー】
    • 仕事のついでにHした【マリリン・モンロー】
    • マーベル無許可の【スパイダーマン】
    • 女でも容赦なしの【イタリアンスパイダーマン】
    • 映画における【ゾンビ】進化論
    • 映画の【ゾンビ】はこうして進化した!
    • 【ラテンアメリカ】の闘う革命映画
    • 【キューバ】とハリウッドの関係
    • 【間宮夕貴】ロマンポルノに魅せる!
    • 斜陽産業【ピンク映画】最前線
    • 【ピンク映画女優】緊急座談会
    • 2017年【日本映画】裏事情
    • 【ジャニーズ】ゴリ押しで邦画が危機!?
    • 【人種差別描写】の変遷
    • 【LGBT描写】を可にした『ムーンライト』
    • タブーなき【差別映画】闘論史
    • 常識を覆した【ディズニー】
    • 日本公開不能な【反日映画】
    • 【軍艦島】の国内批判
    • 【スパイ映画】の敵役と国際情勢

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

NEWS SOURCE

    • 【安倍首相】側近が仕掛けた衆院選戦略
    • 【キムタク】が東野圭吾の原作にダメ出し!?
    • 【紗栄子】の芸能界処世術

インタビュー

    • 【井本彩花】美少女コングランプリは未来の大物!
    • 【原田眞人】『フルメタル・ジャケット』から学ぶ映画論
    • 【峯モトタカオ】次世代打楽器ハンドパン

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』