>   >   > 【コンドルズ・近藤良平】が語る盆踊り
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【4】

【コンドルズ・近藤良平】が語る盆踊り――みんなが自然と踊りだす振り付けを!継続は力なりを形にした取り組み

+お気に入りに追加

――21世紀型盆踊り・マツリの現在をあらゆる角度から紐解く!

1610_matsuri.jpg
「にゅ~盆踊り」は、フォークダンスの要素を取り入れた踊りのみならず、「噂の水素水 何に効くのか水素水~♪」など、時代を切り取った歌詞のユニークさも面白い。(写真/涌井直志)

 盆踊りのひとつの特徴――それは、特定の盆踊り歌に対して決まった振り付けがついているということ。「東京音頭」など昭和に入ってから新しく創作された盆踊り歌の振り付けの多くは、日本舞踊からの影響が大きいといわれている。しかし時代も移り変わり、盆踊りで採用される歌そのものが変われば、当然のように振り付けにも変化が起きる。当連載で紹介した荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」はもちろん、ボニー・M「バハマ・ママ」などの”盆踊りのスタンダード”となった時代の振り付けは、必ずしも日本舞踊のようにおしとやかである必要はないのだ。

 とはいえ、“新しければ、なんでもアリ”というわけにはいかないのが難しいところ。あまりにアクロバティックな振り付けにしてしまえば、子どもやお年寄りは踊りの輪に入れなくなってしまうし、そもそも盆踊りは「同じ振り付けを共に踊る」ところに快楽があるカルチャー。誰もが踊れて、かつ飽きがこない振り付けを求められる。そのため、盆踊りの創作にかかわる多くの振付師やダンサーたちは日々頭を悩ませているという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」