>   >   > 【映像タブー】とアートの境目

――音楽は消費されるものではなく、世界を変えるためのもの――。アーティストにとって、こうした信念を表現する手段が、楽曲であり、映像で具現化させたMVの世界。人種差別問題から社会批判、過激な性描写まで。これは芸術なのか? 本誌ライター陣、小林雅明&丸屋九兵衛両氏によるMV傑作選【記事はこちら】と合わせてお楽しみください。

1609_taboomv.jpg
テイラー・スウィフトやドナルド・トランプなどを素っ裸で「Famous」のMVに登場させたカニエ──かと思いきや、彼と嫁のキム以外はすべて蝋人形。やりおるな確信犯!

「テイラー・スウィフトの乳首、見たことある? まだならカニエ・ ウェストのミュージックビデオ(MV)を見てごらんよ!」──そんな感じで話題が広がっていったカニエのシングル“Famous”のMVは(右部写真)、ひとまず成功したといえるだろう。MVは、こと日本においてはプロモーションビデオ(PV)という言葉に置き換えられ、楽曲の付随物という捉え方で浸透している。ところが、このMVを発表したカニエをはじめ、映像クリエイター側には、あくまでこうしたMVはプロモーションの一環でありながら、“ひとつのアート”としての側面も打ち出している(同作がモチーフとしたのは画家ヴィンセント・デジデリオの絵画「スリープ」で、公開直前にデジデリオ当人を抜き打ちで招き、無理やりお墨付きをもらったという経緯すらある)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」