>   >   > 小説家【加藤ミリヤ】にゴーストなんかいません

――歌手を本業とし、アパレルブランドのデザイナーとしても活躍するシンガー・ソングライター、加藤ミリヤ。実は彼女にはもうひとつ「小説家」としての顔があった。アーティストとして確固たる地位を築き上げ、ただでさえ多忙な本業に加えて、なぜ彼女は小説を書き進めるのか? その“衝動”の根幹をえぐった。

1604_miriya.jpg
(写真/石黒淳二)

 芥川賞を受賞したピース・又吉直樹『火花』のような空前の大ヒット作が世に出る一方で、ほとんどの“タレント作家”たちは、版を重ねることすらできずフェードアウトしているのが現実だ。ところが2011年の処女作刊行以来、すでに3冊もの小説を上梓し、今なお旺盛に書き続けているアーティストがいる。加藤ミリヤ、27歳。

 すでに音楽の舞台で名声を得たはずの彼女が、毀誉褒貶の「毀」と「貶」ばかりが横行している文学界で、あえて戦い続ける理由を聞いてみた――。

ルールのない世界で不満を解き放ちたかった

「歌手にはそれぞれに歌う理由はあるけれど、私は“歌が好きだから”という理由で歌手を志したわけじゃないんです。ましてや、人前でそんな発言をしたこともない。あくまで私自身の“言葉を伝える手段”として音楽という形態を選んだんです。けれど、歌の歌詞には、実は制約がある。また、言葉数を削ぎ落とす作業から、韻を踏む作業など苦労する点も多い。それに引き換え、小説の言葉には基本的にルールはないと教えられたこともあって、私の心の感覚を解き放つには格好の舞台だと感じたんです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」