>   >   > 【メッセンジャーアプリ】の先のコミュニケーション
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第88回

メールからLINE、 メッセンジャーアプリの先のコミュニケーションの新しい形

+お気に入りに追加

進化の歩みを止めないIT業界。日々新しい情報が世間を賑わしてはいても、そのニュースの裏にある真の状況まで見通すのは、なかなか難しいものである――。業界を知り尽くしたジャーナリストの目から、最先端IT事情を深読み・裏読み!

1511_sasaki_01.jpg
もはやLINEにおいてはスタンプだけでもやりとりが成り立っている。

 スマホベースになって、仕事の煩雑なやりとりはともかく、友人とのやりとりはメールからLINEやフェイスブックメッセンジャーに移行したという人は多いだろう。こうしたメッセンジャーアプリの先にあるものを、すでにアップルが想定しているという。その形とは?

 電子メールを使う機会が減ってきたという人は多いだろう。私も仕事では相変わらずメールのやりとりが中心だが、プライベートな連絡などはすっかりフェイスブックやLINEなどのメッセンジャーアプリに移行してしまった。スタートアップなどの企業では、業務のやりとりを最近人気急上昇中のスラックに移しているケースもよく耳にする。電子メールというインターネットでも最も古いツールは、そろそろ役割を終えつつあるのかもしれない。

 メールには、さまざまな問題がある。人間関係のインフラと連携していないため、宛先を探すのが面倒くさい。会話のやりとりの履歴であるスレッドがわかりにくい。スパムの氾濫を許してしまっている。そもそもUIが古くさくて使う気にならない。

 スマホの時代に入り、アプリを経由してさまざまなウェブのサービスが使われるようになり、電子メール離れは加速している。これにサービスの側も対応するようになっている。例えばアマゾンジャパンはこの9月、メールアドレスがなくても携帯電話番号だけでアカウントが作れるように仕様を変えた。パソコンを持っていない若者だと、そもそもメールアドレスを取得していなかったり、メールアドレスを持っていても日常的には使っていないというようなケースが増えてきていると考えられるからだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』