>   > アスリート【事務所座談会】
第2特集
美女アスリートビジネスの胸算用【4】

事務所関係者が語るマネジメントの裏側――リオ五輪へ向けて美女アスリート枠の奪い合いが始まった!?

+お気に入りに追加

――美女アスリートがテレビ業界を席巻中だ。これまでのようにキャスターとしてスポーツ中継の解説をするだけでなく、バラエティ番組では芸人に混じってひな壇で暴露トークを繰り広げる。来年2016年夏のブラジル・リオデジャネイロ五輪まで生き残り、2020年東京五輪でほほ笑むのはいったい誰だ!?

1510_athlete_14.jpg
プロゴルファーも美人として取り上げられるが、なかなか厳しい場合も。東尾理子さんは美人ですネ!

[座談会参加者]
A…大手芸能プロ関係者
B…スポーツ系芸能プロ関係者
C…中堅芸能プロ関係者

A テレビをつければ、美女アスリートを見ない日はない。本当に「美女」かどうかはさておきね(笑)。今回は芸能プロの関係者が集まって、元アスリートのマネジメントとビジネスについて話すわけだけど、まずはバラエティ番組での美女アスリートの活躍から見ていこう。

B これまでもテレビ番組にスポーツ枠はあった。でもそれは男性中心だったけど、視聴者からしたら、かわいい女子のほうがいいでしょ。バラエティ番組の制作サイドも、「おネエ枠」に、「ハーフタレント枠」が一巡して、元アスリートを見ている。2020年の東京五輪までは、関連CMのスポンサーがつきやすいしね。

C 番組制作費の削減という世知辛い事情もあります。美女アスリートなら、現役・OBを問わず、1本のギャラは高くて10万円台で済む。その上、業界の暴露トークをしてくれれば儲けものでしょう。

A これまでは美女アスリートのテレビ業界での成功例といえば、バドミントンの陣内貴美子かな。引退後、スポーツコメンテーターに転身して、今では、『news every.』(日本テレビ系)で看板キャスターにまで上り詰めた。それと、バレーボールで活躍し、今では「結婚できない女性芸能人」として常に上位に上がる大林素子くらいだった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」