>   >   > 【文月悠光】「光と花に彩られた最後のステージ」
連載
【詩人】文月悠光のアイドルで現代詩【5】

「光と花に彩られた最後のステージ」

+お気に入りに追加

――若手女流詩人が読み解くアイドルたちのコトバ

1501_ccc_07.jpg
おつかれさまでした!(写真は、57thシングル『TIKI BUN/シャバダバ ドゥ~/見返り美人』より)

モーニング娘。になるために生まれてきた ――道重さゆみ(モーニング娘。14)

 4329日、実に12年間をモーニング娘に捧げてきた彼女。バラエティ番組での毒舌キャラが知られる一方、リーダーとして、モーニング娘。二度目の全盛期の火付け役となった。ファンの間では神格化された存在だ。そんな彼女が、11月26日のコンサートを最後に、モーニング娘。を卒業した。

 卒業の日、客席では、ピンク色のサイリウムの光と、「さゆみ」コールが止むことはなかった。それは彼女のまとった、花畑のようなドレスや、赤い振袖と相まって、美しい光景を成していた。光を一身に浴びる彼女も、女性の人生の節目を一度に迎えたような、覚悟と幸福感にあふれていた。

 先輩から後輩へ。その立ち姿を、残された9人のメンバーも、しっかりと目に焼きつけたに違いない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年5月号

学校では習わない"日本のキリスト教"史

学校では習わない

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」
    • 連続解散に見る【アイドル】の限界
    • 【里咲りさ】が語るグループの終わり方
    • 【姫乃たま】が語るアイドル3年周期説