>   > 【黒木瞳】の娘が起こした暴行事件の被害者が芸能界デビュー!?
ニュース
新スーパー芸能記者Xの紙面には絶対書けない“ガチ”裏情報

黒木瞳の娘が起こした暴行事件――その被害者が芸能界デビューのナゼ

+お気に入りに追加

『私の場合 ブレない大人への段階』

 昨年、有名私立中学に通う大物女優・黒木瞳の娘が高校の同級生をイジメて停学処分を受けるという騒動が起きた。

 この娘は仲間2人とともに知人の男子生徒に現金を渡し、同級生のAさんをレイプするように依頼。Aさんはレイプこそされなかったものの、トイレの個室に逃げ込んだ際、ドアを乗り越えて個室に入って来た男子生徒に服の上から胸を揉まれたり、制服のスカートをめくり上げられたりなどの被害に遭った。

 結果、実行犯の男子生徒2人は退学、黒木の娘ら加害者の3人の女子生徒は停学処分に。その一方で、被害者であるAさんも騒動を起こしたということで、同じように3日間の停学処分を受けたという。

 この騒動は某女性誌をはじめ、複数の週刊誌が記事化したものの、加害者の母親である黒木に気を使ってか、実名で伝えることはなく、スポーツ紙やワイドショーに至っては一切スルーし、その徹底した報道規制ぶりも話題となった。

そんな中、被害者であるAさんが最近、ひそかに芸能活動をスタートして注目を集めているという。某芸能プロダクションのマネジャーは語る。

「Aさんは某モデル事務所が主催するコンテストで演技を高く評価されて賞を受賞し、現在はY・Kという芸名でユニットのメンバーの一人として活動しています。もちろん、騒動のことは一切公にしていませんけどね」

 また、父親がミュージシャンということもあり、ギターの演奏が得意なようで、将来的には本格的な音楽活動にも意欲をみせているとか。

 黒木がAさんの活躍についてどう思っているのかは定かではないが、Aさんにはぜひとも過去のトラウマから解放されて芸能界でさらなる飛躍を遂げてほしいものである。


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」