>   >   > 【西森路代】世にイケメンは多けれど、その道、楽ならざりし
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西森路代の緞帳がおりたその後で

「世にイケメンは多けれど、その道、楽ならざりし」

+お気に入りに追加

――芸能界を去るイケメンのセカンドライフはどこに? 西森路代が"元イケメン芸能人"のその後を追う!

1404_CCC_04.jpg
思い切った方向転換で花開く人もいれば、別の世界に進む人もいる……。

 最近、ミュージカルや映画・ドラマなどの世界で活躍していた、いわゆるイケメン俳優が引退して第二の人生を歩むというニュースをよく見る。以前なら、そっと芸能界を去って別の道へ、そして何年か後に「あの人は今」的な番組に、というコースも多かった。引退をすると発表する行為に、いろいろな事情も絡んでいるんだろうとは思いつつも、次の道へと進むという前向きな意思も感じたりする。

 引退したイケメンたちのその後の人生は、どんなものなのだろうか。女性のアイドルならば、彼女たちのその後の物語は仕事だけでなく、お嫁さんになることや子どもを産むことも要素として大きいだろう。元アイドルという華々しい経歴は、「嫁に行く」ことにもしばしば有利に働く。しかし男性の場合は、「お婿さんに行く」という選択肢はほぼない。年齢が上がるほど、正社員としての就職も難しくなる。

 そう考えたときに、なんだかんだ「男女のジェンダー差はなくなってきた」と言いながらも、はっきりと残っているのを感じる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ