>   >   > 【森光子と東山紀之】のホントの関係
ニュース
メリー氏の怒りを買った遺書の存在も怪しい?

東山紀之と森光子の仲はすでに冷え切っていた!? 本誌が知る2人の本当の関係

+お気に入りに追加

森光子とジャニーズの長く深い関係

“ジャニーズのお母さん”といわれるほど、関係が深かったジャニーズ事務所と森光子。両者の関係は、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の実父が森のファンであり、彼女の舞台に頻繁に訪れたことに端を発するという。数多のジャニタレの中でも、もっとも深い寵愛を受けたのが東山紀之だが両者の関係はどのようなものだったのか?

1302_mori.jpg
『女優 森光子』(集英社)

 国民栄誉賞や文化勲章などを受賞した、女優・森光子が急逝したのは12年11月10日。京都祇園の芸妓の母と紡績会社の御曹司の間に生まれるも、私生児として育てられた彼女の数奇な人生と功績を、各メディアが報じる中、SMAP、嵐ら数多くの人気グループを抱えるジャニーズ事務所【1】の内部が森の遺産をめぐって揺れていることを、「週刊文春」【2】(文藝春秋/12月20日号)が明かした。

 同誌によると、森は生前、子どもがいないこともあり、長年親交のある同事務所のメリー喜多川副社長に「私が死んだら、財産の一部はジャニーズの若い子たちを育成するために使ってほしい」と“遺言”を残していたという。その考えに賛同したメリー副社長は「ジャニーズ=森基金」として運営しようと考えていたというが、森光子が生前したためた遺書に「遺産の一部を東山紀之に譲る」と書いていたことを知ったメリー氏が「話が違う」と激怒したというのだから穏やかではない。

「問題の記事が掲載された号が発売される前の12年12月7日、都内で森さんの本葬が営まれた。ジャニーズ事務所のタレントにとって森さんは母親同然とあって、所属タレント68人が参列。かつて森さんの『永遠の恋人』と呼ばれた東山が事務所を代表して弔辞を読むかと思われたが、実際に読んだのはメリー氏がお気に入りのマッチこと近藤真彦。東山は囲み取材も受けずに浮かない顔で会場を後にしたが、その後『週刊文春』の記事が出たことで、東山が弔辞を読まなかったのも納得がいった」(スポーツ紙デスク)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年7月号

タブーな本150冊

タブーな本150冊
    • 【出版業界】やっぱり死す!?業界裏話
    • 【EXILE】が熱く語る自己啓発本の世界
    • 【AI本】が説く人類の幸福論
    • 【サッカーとカネ】を暴く書籍群
    • 【鈴木ふみ奈】Hカップが本まみれ
    • 【人気声優】の新書が増えたナゼ
    • 【現役声優】話題の新書を辛口批評
    • 【韓国】の近代化を知るための1冊
    • 【脱北者】たちの告白本の中身
    • 【アメリカ人種差別】の今をえぐる本
    • 【LGBT】と日本近代文学(秘)史
    • 【アメリカ】文学とLGBT
    • ヤバい【SF小説】の耽美な世界
    • エキサイティングな【米国】の書評
    • 【ミチコ・カクタニ】のアートな書評
    • 【校閲者】が語る言葉狩り

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア
    • 【惣田紗莉渚】の未公開セクシーショット

インタビュー

連載

    • 【RaMu】週5でラーメン行っちゃうんです。
    • 【池田美優】浜崎あゆみの歌が響く
    • 【森田ワカナ】吉木りさに憧れる童顔巨乳
    • 多額の強化費の先を見た飛込選手
    • 文春砲を食らった?【七瀬】ふたたび
    • 通信の理想と現実の狭間で揺れる中立性
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【曽我部恵一】がFUCK YOU音頭を作る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジャネール・モネイ】アンドロイドから人間へ
    • 【広島脱走事件】開放刑務所の奇跡的大成功
    • 【サヴァン症候群】なる局所的能力
    • 町山智浩/『ウインド・リバー』先住民保留地とアメリカの闇
    • 【タバコ規制】を妨げる利権たち
    • 小原真史の「写真時評」
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【恋は雨上がりのように】日本男性のロリコン趣向
    • エロティック画像でメイクマネー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元米軍兵が【ビール】を使って町おこし
    • 幽霊、大人にならない老人の軽小説。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』