サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 【ティム・クック】政権下で激烈社内政治が勃発!?
第1特集
10年後のアップル崩壊への序章【1】「内部のほころび」編

アップルの行動原理を探る――新CEOのもと超高学歴エリートたちが激烈な社内政治を展開!?

+お気に入りに追加

──テザリング、LTE等々でau vsソフトバンク直接対決第二弾の話題を振りまきつつも、サムスン相手に訴訟合戦を繰り広げ、時価総額世界1位を誇示する、現代最強のスーパー企業、アップルの行動原理とは?スティーブ・ジョブズの跡を継いだティム・クックは、アップルをどのように変え、どこへ導こうとしているのか? 内部の声と外部からの分析で読み解く、最新版アップル読本!!

「内部のほころび」編
■カリスマ性なき新CEOのもと超高学歴エリートたちが激烈な社内政治を展開!?

1211_iphone_ill.jpg
(絵/沖真秀)

 9月21日、アップルの最新スマートフォン「iPhone5」が世界同時発売された。旧機種から変更されたデザインは完成度が高く、新世代の通信規格「LTE」への対応やCPUの性能アップなど機能面も充実しており、発売開始後の3日間だけで世界で500万台を販売するほどの人気ぶり。その結果、「ジョブズなき後もアップルの成長神話は止まらない」と、多くの人々に強いイメージを植えつけることに成功した。

 しかし、iPhone5の周辺に目を向けると、これまでのアップルとは異なるところも見えてきている。

 例えば「情報漏れ問題」。アップル新製品に関するリーク情報は以前から日常茶飯事だったが、iPhone5に関してはことのほか多く、発売数日前には製品の全体像がほぼ判明してしまっていた。また、iPhone5と同時発売された新iPod touchと新iPod nanoについては、その垢抜けなさにユーザーから「手抜きではないか」「ソニーのウォークマンみたい」との声が上がっている。そして最大の問題が、iPhone用の新しい地図アプリの完成度の低さ。駅の位置がずれたり施設や建物の名称が間違っていたりと、実用レベルとはいえないありさまに、CEOのティム・クックがユーザーに直接謝罪、改善するまで他社の地図利用を薦めるという、なんとも情けない事態となった。

 創業者にしてCEOだったスティーブ・ジョブズが世を去ってから1年が過ぎた今、アップルはどこが変化したのか? アップル内部の変化と、外部に対するアクションの変化、その両面から追ってみよう。

「地図のトラブルは、ジョブズがいても起きたと思う」と語るのは、今春『僕がアップルで学んだこと』(アスキー新書)を上梓、92年からアップルに16年間勤務して米国本社でシニアマネージャーも務めた経験がある松井博氏だ。

「ジョブズはあまりクラウドサービスを理解できていなかったのではないか。そのせいでアップルはクラウドに出遅れ、今でもクラウドが弱い」

 デバイスの開発に関しては天才的な判断を見せたジョブズだが、その後ろで動き大量のデータを蓄積して処理する必要があるクラウドサービスにはあまり理解を示さなかったという。松井氏も「今の時代、クラウドはそれだけで独立したチームが開発に当たるべき重要事業ですが、アップルの組織ではiOSチームの下にあるらしい。それではグーグルにはかなうはずがない」と厳しい評価を下している。

 では、iPod touchやiPod nanoのデザインに対する評価はどうなのか?

「iPodシリーズは、もはやアップルの主力製品ではない。最も売れているのがiPhoneで、多くのユーザーはiPhoneで音楽を聴いている。iPodシリーズのデザインには、もはやiPhoneほどコストは掛けられないということです」と松井氏は語る。つまりiPodのデザインが“劣化”したとして、それはアップルが変化したためではなく、市場の変化によって携帯音楽プレイヤーという商品ジャンルの位置づけが変化した結果にすぎない、というわけだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年7月号

ヤバい本150冊

ヤバい本150冊
    • どうなる【出版業界】の諸問題
    • 【クラウドファンディング】ヤバい本
    • 【ネットの自由】を啓発する思想本
    • 【A-THUG×BES】の獄中読書
    • 識者が推す【ラップ】現代史選書
    • 【橘ケンチ×手塚マキ】読書の愉楽
    • 【椿原愛】Fカップ読書グラビア
    • ベストセラーを生む【書籍広告】
    • 【アジア移民文学】に見る差別の現実
    • 【世界の移民】たちが叫ぶ幸福論
    • 増加する【脱北者】文学
    • 【朝の読書】のイビツな思惑
    • ポリコレNGな【童話】の世界
    • 米国で【禁書】扱いされる童話
    • 【人間革命】本としての評価

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」
    • 【斉藤優里】卒業記念写真集

NEWS SOURCE

    • 【ピエール瀧】に非情な処分を下したソニー
    • 増税前に選挙を!【安倍政権】の思惑
    • 映画【新聞記者】が与えた永田町への衝撃

インタビュー

    • 【芽島みずき】ポカリガールは14歳の美少女
    • 【日比遊一】樹木希林も認めた映画監督の実力
    • 【ROLAND】「俺か、俺以外か。」名言ホストの野望

連載

    • カバーガール/平嶋夏海
    • 【高崎かなみ】期待の新人モデル水着撮
    • 【川栄】ベイビー
    • 【Wi-Fi】の電波が人を安心させるサービスに
    • 【更科功】化石人類から見える人間の根源(後)
    • 高須基仁/後藤新平と大谷翔平の2大「平」が時代を切り開く
    • 罵声飛び交う【三社祭】の醍醐味
    • 過酷な中国受験戦争【教育アプリ】の進化
    • 【ゲーム・オブ・スローンズ】とヒップホップ党
    • 町山智浩/【ロング・ショット】ロマコメの最新系主人公
    • 【官邸】への権限集中が招く弊害と行く末
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/トランプと接待バカ一代
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『家族はつらいよ』後期高齢者向けポルノの戯論
    • 【処方薬でキマる】アメリカ薬物事情
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊藤文學/三島由紀夫に美輪明宏、薔薇族を彩った著名人
    • 幽霊、卑しき自己啓発本サロン商売。
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」