サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 高須基仁氏も参戦!! 【お蔵入り本】列伝

──ひとくちに「お蔵入り本」といっても、そのパターンはさまざま。そこで、その代表例を4パターンに分類・分析。浅田真央ちゃんはなぜ泣いたのか? 小室哲哉はなぜ怒ったのか? これを読めばすべてがわかる!!

1209_okura_ill.jpg
(絵/長嶋五郎)

【PATTERNO1】本人がイヤなら仕方ない!?
「著者とモメて中止」
■浅田真央『大丈夫、きっと明日はできる』(ポプラ社、12年)
■「松田聖子の自伝本」(タイトル・出版社不明、00年)
大御所作家やタレントなどが著者の場合、出版社の思惑と行き違いが生じてしまうことで中止になる危険性がある。浅田真央と同様の例としては、00年に発売予定だった松田聖子の自伝本が挙げられる。ライター佐藤秋美が20時間もの本人取材を行い原稿にまとめたが、出版中止に。聖子の事務所から原稿料が支払われ、「なかったもの」となった。佐藤はこのいきさつを06年に「女性自身」(光文社)で暴露しているが、なぜ中止になったのかは最後まで不明なままであった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』