>   > 【社員に聞く】三木谷は独裁者か神様か?
第2特集
楽天・三木谷浩史は日本経済を変えるのか?【5】

水増しされる売上目標……三木谷閣下の体育会運営に、楽天社員は息も絶え絶え

+お気に入りに追加

──ここまでは、楽天の歩みや社会とのつながりなど、外側から三木谷氏を検証してきた。では、実際に社内で働く社員たちは楽天をどう見て、どう感じているのか?離職率も高いといわれる同社の社員に話を聞くと、やはり相当不満がたまっているようで……。

1208_rakuten.jpg
同社の基幹事業でもある楽天市場。ある社員からは「まるでチラシの裏。センスのかけらもない」との酷評が……。

 新経連の立ち上げや海外事業への取り組みなど、精力的にフィールドを拡げようとする三木谷浩史社長に対して、社内の目はどこか冷ややかだ。社員・元社員に聞く、楽天の今後の課題とは──?

「TBS買収や球団立ち上げの際は、社内も盛り上がりました。でも、新経連に関して興味を持っている社員は少ない」

 こう話すのは、30歳の楽天・男性社員。11年6月に「電力業界を保護しようとする態度が許せない」などの発言を残し経団連から退会した楽天は、ちょうど1年後に「新経済連盟」(以下、新経連)を発足することとなった。「経団連に対抗するつもりはない」と三木谷浩史社長は言うが、ネット選挙活動や薬販売規制緩和など、経団連の方向性とは異なる提言を行っていくことは間違いない。

 だが、世間では注目が集まっている新経連の立ち上げに関して、社内での関心はまったく薄いものだという。この理由について、前出の男性社員は「社員の肉体的・精神的疲労」を挙げる。「そんなことより、今目の前にある数字をどうするかに追われている」というのだ。

「毎日仕事が山積みで、終電で帰れたら早いほう。それなのに週に一度、全社員が参加することで有名な『朝会』は8時から。近くのマンガ喫茶で仮眠を取って出社する社員もいる」(37歳/男性元社員)

「『朝会』は一応『任意』だが、『任意』と書いて『強制』と読む(苦笑)。朝会の欠席者が出ると、その社員を管理しているリーダーやマネージャーの査定に響くから絶対休めない。これはうちの部署だけかもしれないが、熱があって休んだとしてもマイナス査定になるので、相当しんどいですよ」(34歳/男性社員)

 時間に厳しく規律を重んじることで有名な三木谷社長のこうした“体育会系”な運営手腕について、多くの社員や元社員から異口同音に聞かれるのは「心身を病む人も多かった」という言葉。

 拘束時間に加えて過酷なのは、楽天の根幹を支える事業であるインターネットショッピングモール「楽天市場」など一部の部署に与えられる売り上げ目標だ。

「楽天カードは、ずっと前から営業に力を入れている。ノルマがきつく、いい加減天井がありそうなものなのに、『日本の人口1億2千万人なんだから1億2千万枚売れ』って感覚。実際にそう言われるわけではないが、そういうノリなんです」(同)

「とてつもなく大きな数字を提示されて、それを期間内にこなさなければならない。三木谷社長が出す数字は絶対なので、管理側はそれを下回らないよう、部下に振る際に額をサバ読んで底上げするんです。例えば社長からマネージャーに提示される額が1000万円だとしたら、マネージャーはリーダーに1100万円、リーダーはユニットリーダーに1200万円、ユニットリーダーはヒラに1300万円と提示する」(前出の30歳社員)

 特に楽天市場の強化期間に充てられた10年は離職率が高く、ある部署では配属されたうちの4~5割が退職したという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年10月号

最強のグラビア

最強のグラビア
    特別グラビア(1)
    • 【TikTok】で話題の美人姉妹が水着に!
    ピタピタのヨガウェアがエロい!?
    • ヌケる【筋トレ】グラビア雑誌
    • 【Tarzan】はエロい? 厳選グラビア
    特別グラビア(2)
    • 【山地まり】女性も悶えるセクシーショット
    グラビアを支える縁の下の力持ち
    • 表舞台に立てない!【レタッチャー】のトホホ話
    特別グラビア(3)
    • イメージビデオ界の新星【安位薫】18歳の肉体
    グラドルの登竜門!秋葉原イベントの裏側 声優のグラビア的価値とは?
    • グラビア業界を席巻する【声優】ブームの危険性
    • この【声優】の写真集がすごい!
    特別グラビア(4)
    • 【青山ひかる】がヒップホップなセクシーコス
    女性も楽しめるエンターテイメント空間
    • グラビアで見る【バーレスク】文化概論
    • 【バーレスク東京】オーナーが語る歴史
    奥深い遺影の世界
    • 人生最期のグラビア【遺影】研究
    極楽とんぼ・加藤浩次も大炎上
    • 過激すぎる【AbemaTV】のお色気番組

EXILE・関口メンディーの肉体美

EXILE・関口メンディーの肉体美
    • 【関口メンディー】特別グラビア

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小瀬田麻由】大失恋したんです。
    • 【本郷杏】美しすぎるポンコツ
    • 【吉岡里帆】を脱がさないで
    • 【ニッポンのサラリーマン】のポテンシャル
    • 特別対談【横浜銀蝿・翔×高須基仁】
    • 【ボン・ジョヴィ】とボンダンス
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【オークワフィナ】女優?芸人?なフィメールラッパー
    • 町山智浩/『クレイジー・リッチ』ハリウッドで起きたアジア人革命
    • 【移民】を認めない世界第4位の移民大国日本
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/平成さくらももこ絵巻
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【オーシャンズ8】肩肘張ったフェミからの脱出
    • 陰毛に執着するオーストラリア人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • クラフトビールを仕込む異色の【ラーメン屋】
    • マスターベーションの悩みから生まれた【薔薇の種】
    • 幽霊、グラビアの美少女よもやま話。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』