>   >   > デタラメだらけの凋落要因の【5つの定説】

──新聞やテレビのビジネス番組、はたまた経済誌などで繰り返し語られている、2社凋落の要因の数々。しかし、それらの分析は本当に妥当だといえるのか? 徹底検証!!

1207_gaikyou.jpg
(写真/田中まこと)

【定説1】歴史的円高のせい?

【ANSWER】
実質レートで見れば決して円高ではない
 円相場が対ドルで戦後最高値(1ドル=75円32銭)を更新し、対ユーロでも11年半ぶりの高値水準(1ユーロ=95円台)に達するという状況下では、定説の通り、いくらコスト削減に努めても、海外市場で日本製品は割高となり、売れにくくなるのは事実。その点では、予想をはるかに超える円高が両社の収益低迷につながったのは間違いない。

 ただし、特集【2】でも解説したように両社の海外生産比率は高く、しかも物価の変動を考慮に入れた実質為替レートで見れば、今の水準は決して円高とはいえない。つまり、円高を業績悪化の主要因とするのは、山口正洋氏の言葉を借りれば、「経営手腕のなさを覆い隠すための大ウソ」なのである。

【定説2】サムスン電子に負けた?

【ANSWER】
韓国勢の好調はウォン安が主要因
 韓国政府の全面支援で売上高11兆8000億円の巨大企業に成長したサムスン電子の活躍ぶりは目覚ましい。しかし山口氏は、「今はウォン安だから調子がいいだけで、テレビ事業に関しては赤字だし、給与水準も下がっており、抱えている問題はソニーやパナソニックと大差ない」と見る。定説に反し、サムスン電子の隆盛は一時的なものだというのだ。

 また、日本のメーカー同様、製品の開発から組み立てまでを自社内で行うサムスン電子は、「現在世界の主流になりつつある水平分業モデル(製造を外注して自社ブランドで売る方法)への転換を図らない限り、日本のメーカーと同じ道をたどるだろう」と野口悠紀雄氏。そうした予測が現実となる日も遠くない!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』