サイゾーpremium  > 特集  > 女子アナ  > ニュース番組の【実力偏差値】ランキング

──ニュース番組に信頼性が強く求められている昨今だからこそ、女子アナのルックスだけでなく、能力まで含めてきちんと評価したいもの。というわけで、ニュース番組における女性アナウンサーを、技術力を中心に採点。大学偏差値ランキングばりに徹底分析してみた。

「サイゾー式女子アナ偏差値」とは?
テキトーに作ったように見えるかも知れないが、実は偏差値を求めるためのれっきとした計算式。基本的にはこれを用いて、編集部が独自に採点した女子アナ総勢75名(!)の得点から各人の偏差値を算出した。ただし、報道担当の女子アナを評価するならキャスター能力を重視するのが当然ということで、キャスター能力点のみ2倍換算とした。

1205_hensachi.jpg

A=基礎能力点(発声、滑舌、語彙力、知識、教養などを10点満点で評価)
B=キャスター能力点(即応力、番組進行力、報道姿勢などを10点満点で評価)
C=好感度点(容姿、異性・同性受け、真摯さ、信頼性などを10点満点で評価)

なんかソコソコ

【日東駒専レベル】

■なんか情緒不安定
井上あさひ(30)
NHK『ニュースウオッチ9』 (平均視聴率10.4%)
偏差値59

1205_inoue01.jpg

81年、岡山県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部卒。04年入局。
放送/平日21時~22時 メインキャスター/大越健介、井上あさひ スポーツキャスター/廣瀬智美 気象キャスター/井田寛子

某女子アナの評価では「声質は低音で非常に良く、ナレーションは絶品」と技術面では太鼓判だが、信頼性の面では「常に黒目が震えていて情緒不安定な感じ。視聴者を不安にさせる」と手厳しい。人の心を落ち着かせるのもアナの重要な仕事であり、しかも子どもから高齢者までが視聴する公共放送の看板報道番組だけに大きなマイナス点だ。同じくプライム帯の『報道ステーション』に視聴率で大きく水をあけられているひとつの要因かもしれない。

たいしたものです

【MARCHレベル】

■滝クリのお色気を継承
秋元優里(28)
フジテレビ『LIVE2012 ニュースJAPAN』 (平均視聴率5.1%)
偏差値65

1205_akimoto.jpg

83年、東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。06年入社。
放送/月~木23時30分~23時55分、金23時58分~24時23分、土25時~25時15分、日24時30分~24時45分 メインキャスター/秋元優里 コメンテーター/和田圭(フジテレビ解説委員)ほか 

09年、滝川クリステルの後任に立候補して抜擢された秋元アナ。発声面でも滝クリ流を継承し、「あまり口をパクパク開けず、夜のバーカウンターで『ンねぇ、聞いてよン』みたいな感じの、この時間帯の視聴者層と雰囲気に合わせた読み方」(某女子アナ)だ。報道番組とはいえ、フジテレビらしいエンターテインメント性を重視した、キャスターの能力とキャラ次第という構成のため、秋元アナが意外なほどすんなりと番組になじんで人気を獲得したことは高く評価されるべきだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【芸能界】権力構造とパワハラの闇
    • 【女性の社会進出】で浮き彫りになった問題
    • 【ヤフーニュース】という怖い権力
    • 【ヤフトピ】が抱える懸念点
    • 【GREEN KIDS】が紡ぐ移民の歌
    • 【共産圏】らで禁忌化するラップ
    • 風水が後押しする【タッキー】社長就任
    • 【豊川稲荷とメリー喜多川】の共鳴
    • 不正入試で揺れる【医学部】の闇
    • 米国の【大麻解禁】と処方薬汚染
    • 【処方薬】の犠牲になったポップスター
    • 塗り替えられた【五輪ユニフォーム】
    • 【原発と精神病院】そして戦後日本
    • 慰めとしての百田尚樹【日本国記】
    • 【ストロング系チューハイ】レビュー
    • ストロングゼロが霞む【米国】ヤバい酒

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

NEWS SOURCE

    • ヤリ手社長の徹底管理!【米津玄師】の実態
    • 【官邸ポリス】と警察官僚内紛の点と線
    • 【ネットフリックス】でテレビ業界崩壊?

インタビュー

    • 【宮下かな子】姉御肌女優の管理術
    • 【舐達磨】シーンをかき回す熊谷のラッパー
    • 【金属バット】劇場出禁!? 異端漫才師の生き様

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』