>   >   > 社員たちは【孫社長の朝令暮改】にうんざり!?

──孫正義社長の朝令暮改的な業務命令に振り回される、ノルマがきつくてまるでブラック企業状態など、時にさまざまな噂が流れるソフトバンクだが、その社員たちは、日夜なにを考えどんな志で働いてるのか? 特に情報管理にうるさいというソフトバンクの社内事情を、社員にこっそり聞いてみました!

【座談会参加者】
Aさん…30代男性/企画営業 中途採用で現職。
Bさん…30代女性/システム開発関連会社を転々としている。現在は関連会社に戻り勤務。
Cさん…20代男性/法人営業 新卒で入社し、5年で退社。会社立ち上げ準備中。

──今回はソフトバンク社内の知られざる実情について、伺いたいと思います。まずは企業風土からということで、どんな社員が多いんですか?

A「やっぱり孫社長の経営理念【1】や行動にあこがれて入社する人が多いですね。良くも悪くもベンチャー気質を持った社員が多くなるし、2~3年で辞めていく人もいます。あとは意外と素朴に、社が掲げている『日本をよりよい社会にしよう』という使命感を持っている人も、少なくありません」

B「私が出向していたSBI損保のシステム部は、5年在籍している女性社員が“お局様”扱いでした。グループ内の企業を転々としている人が多くて、だいたい5年周期くらいで、似たような職種に応募するんです。少なくとも、同じ場所に長居するのはよくない、という風潮がありましたね」

C「ソフトバンクの理念に『考える前に動く』というのがあるんです。行動力と向上心のある、成長志向の人が目立ちますが、そのぶん考える時間が少なく、企画がボツになることも多い気がします」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年7月号

タブーな本150冊

タブーな本150冊

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア
    • 【惣田紗莉渚】の未公開セクシーショット

インタビュー

連載