>   >   > 【関東学院大学准教授・岡嶋裕史】が語る孫正義
第1特集
文化人・財界人が語る孫正義の功罪【8】

関東学院大学准教授・岡嶋裕史が語る孫正義──情報の流れを掌握して再配布、吉と出るか?

+お気に入りに追加

1205_okajima.jpg

関東学院大学准教授
岡嶋裕史(おかじま・ゆうし)
1972年生まれ。中央大学大学院総合政策研究科博士後期課程修了。富士総合研究所勤務を経て、関東学院大学准教授。著書に『ポスト・モバイル』(新潮新書)、『アップル、グーグル、マイクロソフト』(光文社新書)など。

[ソフトバンクと孫正義の評価]
【○】情報を流すパイプを整備し続けて、各業界に風穴を開けてくれた、その功績に感謝したい。
【×】もういい年で世界に名を知られた名士なのだから、リスクを自ら演出して注目を集めようとする手法は、そろそろ終わりにしては。

■ITの発展を追いつづけてきた研究者だからこそ読み解けるグローバルIT企業としてのソフトバンクの立ち位置。

 ソフトバンクという会社が何を目的としているかというと、情報を一回掌握して個人がアクセスしやすい形にして再配布すること、そして、情報の流れをすっきりさせるということに、極めて高いモチベーションを持っているといえます。その中でも、情報を通す経路を作るのが、孫さんが常にやり続けてきたことでした。

 ご本人が意識しているにしろ、していないにしろ、土管を通して情報を流すのが、孫さんのやり続けてきた仕事ですから、ヤフー!BBであれだけ勝負をかけたのも、必然だったように思います。ナローバンドでユーザーが苦しんでいた時期に、廉価なブロードバンドを整備すれば儲かるだろうと誰しもがわかっていても、多大なリスクを負ってまで踏み切れないでいたところを、昔からリスクを取って物事を動かすのを好んだ孫さんは勝負をかけたわけです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年7月号

タブーな本150冊

タブーな本150冊
    • 【出版業界】やっぱり死す!?業界裏話
    • 【EXILE】が熱く語る自己啓発本の世界
    • 【AI本】が説く人類の幸福論
    • 【サッカーとカネ】を暴く書籍群
    • 【鈴木ふみ奈】Hカップが本まみれ
    • 【人気声優】の新書が増えたナゼ
    • 【現役声優】話題の新書を辛口批評
    • 【韓国】の近代化を知るための1冊
    • 【脱北者】たちの告白本の中身
    • 【アメリカ人種差別】の今をえぐる本
    • 【LGBT】と日本近代文学(秘)史
    • 【アメリカ】文学とLGBT
    • ヤバい【SF小説】の耽美な世界
    • エキサイティングな【米国】の書評
    • 【ミチコ・カクタニ】のアートな書評
    • 【校閲者】が語る言葉狩り

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア
    • 【惣田紗莉渚】の未公開セクシーショット

インタビュー

連載

    • 【RaMu】週5でラーメン行っちゃうんです。
    • 【池田美優】浜崎あゆみの歌が響く
    • 【森田ワカナ】吉木りさに憧れる童顔巨乳
    • 多額の強化費の先を見た飛込選手
    • 文春砲を食らった?【七瀬】ふたたび
    • 通信の理想と現実の狭間で揺れる中立性
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【曽我部恵一】がFUCK YOU音頭を作る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジャネール・モネイ】アンドロイドから人間へ
    • 【広島脱走事件】開放刑務所の奇跡的大成功
    • 【サヴァン症候群】なる局所的能力
    • 町山智浩/『ウインド・リバー』先住民保留地とアメリカの闇
    • 【タバコ規制】を妨げる利権たち
    • 小原真史の「写真時評」
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【恋は雨上がりのように】日本男性のロリコン趣向
    • エロティック画像でメイクマネー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元米軍兵が【ビール】を使って町おこし
    • 幽霊、大人にならない老人の軽小説。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』