>   >   > Wikipedia的でGoogleストリ...

「CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評」とは?

本誌連載陣でもある批評家・編集者の宇野常寛氏が主宰するインディーズ・カルチャーマガジン「PLANETS」とサイゾーがタッグを組み、宇野氏プロデュースのもと、雑誌業界で地位低下中のカルチャー批評の復権を図る連載企画。新進気鋭の書き手たちによる、ここでしかできないカルチャー時評をお届けします。見るべき作品も読むべき批評も、ここにある!

【今月の1本】
『ブラタモリ』

濱野智史[情報環境論研究者]×速水健朗[ライター]×宇野常寛[批評家]

1201_buratamori.jpg

──11月から第3期が始まった『ブラタモリ』(NHK)。タモリが古地図片手に街を歩き回るという、一見地味そうだが、足掛け3年続く人気バラエティだ。歩き回る中で街の文化的変遷や地形の変化が浮かび上がるのを楽しむこの番組から、新しい"街の楽しみ方"を考える。

宇野 今月の作品はNHKのバラエティ番組『ブラタモリ』です。08年開始の、タモリが古地図片手に都内近郊を歩く街歩き番組ですね。お2人はこの番組をどう見てますか?

濱野 僕はもともと、紀行番組が好きなんです。『世界ウルルン滞在記』(TBS)や『あいのり』(フジ)はよく観てましたし、今だと『世界!弾丸トラベラー』(日テレ)も毎週観ています。ですが、『ブラタモリ』は紀行番組というよりお勉強番組の色彩が強くて、スタッフが前もって準備するあまり、都市空間が与えてくれる「行き当たりばったり感」が希薄なのが残念です。都市って、要はそうした偶発的な出会いとかが面白いと思うんだけど、『ブラタモリ』は過去に遡行するので「へえ、昔はこんな場所だったんだ」というトリビアを得ることはできても、それ以上の驚きがない。よく比較される『モヤモヤさまぁ~ず』(テレ東)にしても、「この角を曲がったら、どんなおっさんがいるんだろう」というワクワク感がありますよね。だから『ブラタモリ』は番組としてよくできているとは思いますが、あまり身体的には好きじゃないんです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年2月号

マンガ(禁)大全2018

マンガ(禁)大全2018
    • 【マンガ業界】最新動向
    • ネット時代【リイド社】の戦略
    • 【韓国】ウェブトゥーンが凄い
    • 【韓国マンガ】傑作6選
    • 【しらほしなつみ】コミケで見られない素顔
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【お笑い芸人・おたけ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【田中考】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【辛酸なめ子】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【精神科医・岩波明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【クロサカタツヤ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【磯部涼】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【小林雅明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【更科修一郎】
    • 【井出智香恵】背筋も凍るレディコミ
    • 【リバーズ・エッジ】映画化のナゼ
    • 肉食系女子が読む【岡崎京子】座談会
    • 【少女マンガ】のファッション研究
    • プロが見る【風早くん】の服装
    • 服部昇太【80年代】マンガへの礼賛!
    • 【ナチス描写】の海外規制事情
    • 【エロ描写】は海外でこう扱われる!
    • 本家を超える【スピンオフ】を探せ!
    • マンガの神様の【スピンオフ】作品
    • ポスト【ウシジマ】貧困マンガ
    • 【藤子・F・不二雄】の変態的な性癖
    • マンガ家【下半身ゴシップ】

基礎教養としてのフリーメイソン

基礎教養としてのフリーメイソン
    • 【橋爪大三郎×フリーメイソン幹部】陰謀論の基礎知識

酒井萌衣「卒業」と「初体験」

酒井萌衣「卒業」と「初体験」
    • 【酒井萌衣】元SKE48が初水着!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • マルサの女/【わちみなみ】
    • 【柳ゆり菜】初めてジャネットで踊った日
    • 【岡田サリオ】時代は巨乳から巨尻へ
    • 【沙月とわ】海に行ったことがない女
    • 巨人のコーチになった異色の陸上選手
    • 私と【美玲】を連れてって
    • 2018年は本格的なIT制度の見直しが始まる
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【ヤリマン】のトークに無限の可能性
    • 【アイドル】が音頭に没頭する背景
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【AV出演強要問題】女優たちの悲痛な願い
    • 【新型うつ病】が隆盛する生きづらい日本
    • 町山智浩「映画でわかる アメリカがわかる」/『スリー・ビルボード』
    • 【ポスト・トゥルース時代】の保守とリベラルの役割
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/UFO入門2018
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • なぜ女芸人は「ブス」をネタにするのか?
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」/span>
    • 幽霊、それでもマンガは楽しき商売。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』