>   >   > Wikipedia的でGoogleストリ...

「CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評」とは?

本誌連載陣でもある批評家・編集者の宇野常寛氏が主宰するインディーズ・カルチャーマガジン「PLANETS」とサイゾーがタッグを組み、宇野氏プロデュースのもと、雑誌業界で地位低下中のカルチャー批評の復権を図る連載企画。新進気鋭の書き手たちによる、ここでしかできないカルチャー時評をお届けします。見るべき作品も読むべき批評も、ここにある!

【今月の1本】
『ブラタモリ』

濱野智史[情報環境論研究者]×速水健朗[ライター]×宇野常寛[批評家]

1201_buratamori.jpg

──11月から第3期が始まった『ブラタモリ』(NHK)。タモリが古地図片手に街を歩き回るという、一見地味そうだが、足掛け3年続く人気バラエティだ。歩き回る中で街の文化的変遷や地形の変化が浮かび上がるのを楽しむこの番組から、新しい"街の楽しみ方"を考える。

宇野 今月の作品はNHKのバラエティ番組『ブラタモリ』です。08年開始の、タモリが古地図片手に都内近郊を歩く街歩き番組ですね。お2人はこの番組をどう見てますか?

濱野 僕はもともと、紀行番組が好きなんです。『世界ウルルン滞在記』(TBS)や『あいのり』(フジ)はよく観てましたし、今だと『世界!弾丸トラベラー』(日テレ)も毎週観ています。ですが、『ブラタモリ』は紀行番組というよりお勉強番組の色彩が強くて、スタッフが前もって準備するあまり、都市空間が与えてくれる「行き当たりばったり感」が希薄なのが残念です。都市って、要はそうした偶発的な出会いとかが面白いと思うんだけど、『ブラタモリ』は過去に遡行するので「へえ、昔はこんな場所だったんだ」というトリビアを得ることはできても、それ以上の驚きがない。よく比較される『モヤモヤさまぁ~ず』(テレ東)にしても、「この角を曲がったら、どんなおっさんがいるんだろう」というワクワク感がありますよね。だから『ブラタモリ』は番組としてよくできているとは思いますが、あまり身体的には好きじゃないんです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』