>   >   > 『ストロボ・エッジ』の作者が描く『アオハ...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第17回──【COMIC編2】

『ストロボ・エッジ』の作者が描く『アオハライド』 もっとときめきを!

+お気に入りに追加

2011年11月号 COMICクロスレビュー

■ほんわか宇宙SFマンガ、完結

1111_dosei.jpg

『土星マンション』(7巻)
作/岩岡ヒサエ
掲載/「IKKI」(小学館) 価格/680円 発売/8月30日

地球の3万5000メートル上空に浮かぶリング上のマンションで人類が暮らす時代。主人公のミツは、亡父と同じコロニーの窓拭き職人となった。コロニーは上層・中層・下層の階層社会になっている。層間の対立が起きる中で、ミツを地上に送り届けるという下層住人の宇宙船プロジェクトは成功に終わるのか? 作者初の長編作品完結巻。

【ライター・高野評】
★★★★★★★★☆☆
「ふんわり」で終わらなかった驚き
完結の余韻は大きい。等身の低いイラストのような絵柄もあいまって「わずかなさざめきはあるけれど、やっぱりすばらしい僕らの共同体」を淡々と描くかのように思えたこの作品が、少しずつガンダム的「国家と少年」の物語として盛り上がり、見事に着地を見せたのには驚いた。人物も吸引力がある。作者の構成力と愛情の賜物だと思う。人間の悪意の処理がきれいすぎるのは少し気になったが、SF的想像力はより美しく、ドラマティック。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』