サイゾーpremium  > 連載  > CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評  > 三浦春馬は秀逸ながら......ポップさ...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第13回──【MOVIE編2】

三浦春馬は秀逸ながら......ポップさに欠けた薄味で単調な『東京公園』

+お気に入りに追加

2011年7月号 MOVIEクロスレビュー

■なぜ今!? 中上健次作品、久々の実写化

1107_keibetsu.jpg
(C)2011「軽蔑」製作委員会

『軽蔑』
監督/廣木隆一
原作/中上健次
出演/高良健吾、鈴木杏、大森南朋ほか
配給/角川映画
公開/6月4日
自堕落な生活を送るカズ(高良)は、踊り子の真知子(鈴木)と出会い、惹かれ合う。2人はカズの故郷で暮らし始めるが、生活は容易ではなく、真知子は東京に戻ってしまう。彼はやがて、借金を重ねて賭博に明け暮れるようになる。中上健次最後の長編を映像化。鈴木杏初の濡れ場があることが、公開前から話題に。


【映画文筆業・那須評】
★★★★★★☆☆☆☆
すべてにおいて"つなぎ方"が弱い
91年に発表された原作は、真知子とカズの関係を通して自由と束縛のジレンマから立ち上がるドラマを書いているが、映画ではストーリー上の見せ場と見せ場をつなぐ間が弱い印象があり、いかんともしがたく2人を結びつける原動力が見えにくい。愛されキャラ設定のカズの魅力も、客観的には高良のビジュアルに頼る部分が大きい。だが、シーンごとの濃密なテンションを持続させるのではなく瞬発力で見せていく編集は、現代的とも言えるかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』