>   >   > 『パラダイス・キス』の原作クラッシュぶり...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第13回──【MOVIE編1】

『パラダイス・キス』の原作クラッシュぶりはかなり悪質!?

+お気に入りに追加

──低迷する映画業界よ、こんな時代だからこそ攻める映画を! 保守的になりがちな映画業界に喝を入れる映画評。映画を見る前にこれを読むべし!

2011年7月号 MOVIEクロスレビュー

■ナタリー・ポートマンの狂演を観よ!

1107_blackswan.jpg
(C)2010 Twentieth Century Fox.

『ブラック・スワン』
監督/ダーレン・アロノフスキー
出演/ナタリー・ポートマン、ミラ・クニスほか
配給/20世紀フォックス
公開/5月11日
元バレリーナの母を持つニナ(ポートマン)は、ニューヨークでバレエに人生を捧げていた。「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが回ってくるが、新人のリリー(クニス)がそのライバルとして立ち現れ、焦るニナは狂気の淵にのみ込まれていく。ポートマンは本作でアカデミー主演女優賞を獲得。監督は『レスラー』のアロノフスキー。


【映画文筆業・那須評】
★★★★★★★★☆☆
監督の完璧主義が好作用
完璧主義者ほど内面世界を突き詰めたがるが、彼らは表現でも妥協を許さないため、テーマが閉鎖的になるほど映像レベルは高くなる矛盾が起きる。今敏の影響を公言するアロノフスキーは、現実を凌駕する脳内妄想でキャリアを築いた監督だが、本作ではその創作姿勢と作品世界がほぼ完全にシンクロ。主観バリバリの手持ちキャメラがとらえるポートマンの肉体と顔はミュータントの域で、それらがフルに与える五感への刺激は苦痛を超えてもはや快楽だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』