サイゾーpremium  > 特集  > 「やはり太平洋側は動く気配がムンムンして...

――震災後、「詳細な被災地まで予言していた!」と話題になった松原照子氏。これまでほとんど世に知られていなかった彼女は、今回の件を機に、一気に注目を集めたが……実は、その不謹慎な"恩恵"ともいえる注目を浴びたのは、同氏に限らないようで──。

nirasawa0518.jpg
韮沢氏の著書『宇宙人はなぜ地球に来たのか』

未曾有の大被害をもたらした東日本大震災。周知の通り、さまざまな業界で復興支援、チャリティー活動が始まっている中、スピリチュアル業界の震災へのかかわり方はやや異色だ。地震、原発事故を予知した数多くの"予言"が注目を集めているのである。

 中でも、「陸前高田」など、詳細な場所も含め的中してる! と騒がれたことから、予言者・透視カウンセラーの松原照子女史、そして作曲家・小林亜星の次男であり塾講師の小林朝夫氏、海外の有名予言者・ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース氏らも、「週刊女性」(主婦と生活社)などのメディアに局地的に取り上げられた。(彼らの予言の詳細と今後の警鐘は【3】参照)。

 さらに、時間や方位などの順を表す際に用いられる「干支」の概念や、星占いなどに代表される、「占星術」の観点からも、意味深な兆候があったと指摘されていたという。たとえば、今年の干支、辛卯(かのとのうさぎ)は天変地異の異常や予期せぬ出来事が起きやすい年であるという説がある。これを分析し、SBIホールディングスCEO・北尾吉孝氏が、公式ブログ「北尾吉孝日記」の1月4日のエントリー「年頭所感」にて、こんな発言を残している。

「過去の辛卯の年をみると、自然災害など天変地異の異常や予期せぬ出来事が起き易い。特に地震である。地下に蓄えられたエネルギーが地上に向かって動き出す」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学
    • 【美人コンテンツ】炎上考現学
    • 複雑化する【ミスコン】批判の論点
    • 【ミス・ユニバース】の問題点
    • 【世界で最も美しい顔】の胡散臭さ
    • 【柳美稀】が魅せた美グラビア
    • 進化する【美ジネス】の最前線
    • 【整形大国・韓国】の顔採用事情
    • 【ブス作品】とルッキズムの関係
    • 傑作【ブス主人公】作品レビュー
    • 【スダンナユズユリー】がネオ・レディースに!
    • 【ディスニー・プリンセス】変遷の記録
    • 【キリスト教】の女性受容史
    • 【日本酒と美人】の意外な歴史
    • 知っておくべき【5大美人酒】
    • 【地域別美人言説】の謎を追う!
    • 【ジブリヒロイン】芸能界ドラフト会議

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

NEWS SOURCE

    • 自民党と【創価学会】の不協和音
    • 【沢田研二】だけじゃない空席問題
    • 脆弱な日本の【サイバーセキュリティ】

インタビュー

    • 【是永瞳】大分から来た高身長ガール
    • 【六道寺】特攻服のママさんシンガー
    • 【ちぃたん☆】絶賛炎上中のゆるキャラ

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』