>   > 「やはり太平洋側は動く気配がムンムンして...

――震災後、「詳細な被災地まで予言していた!」と話題になった松原照子氏。これまでほとんど世に知られていなかった彼女は、今回の件を機に、一気に注目を集めたが……実は、その不謹慎な"恩恵"ともいえる注目を浴びたのは、同氏に限らないようで──。

nirasawa0518.jpg
韮沢氏の著書『宇宙人はなぜ地球に来たのか』

未曾有の大被害をもたらした東日本大震災。周知の通り、さまざまな業界で復興支援、チャリティー活動が始まっている中、スピリチュアル業界の震災へのかかわり方はやや異色だ。地震、原発事故を予知した数多くの"予言"が注目を集めているのである。

 中でも、「陸前高田」など、詳細な場所も含め的中してる! と騒がれたことから、予言者・透視カウンセラーの松原照子女史、そして作曲家・小林亜星の次男であり塾講師の小林朝夫氏、海外の有名予言者・ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース氏らも、「週刊女性」(主婦と生活社)などのメディアに局地的に取り上げられた。(彼らの予言の詳細と今後の警鐘は【3】参照)。

 さらに、時間や方位などの順を表す際に用いられる「干支」の概念や、星占いなどに代表される、「占星術」の観点からも、意味深な兆候があったと指摘されていたという。たとえば、今年の干支、辛卯(かのとのうさぎ)は天変地異の異常や予期せぬ出来事が起きやすい年であるという説がある。これを分析し、SBIホールディングスCEO・北尾吉孝氏が、公式ブログ「北尾吉孝日記」の1月4日のエントリー「年頭所感」にて、こんな発言を残している。

「過去の辛卯の年をみると、自然災害など天変地異の異常や予期せぬ出来事が起き易い。特に地震である。地下に蓄えられたエネルギーが地上に向かって動き出す」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載