>   > 教育から軍事、国際政治まで! お馴染みの...

 著作や講演などの活動でファンは多いが、ほかの専門家等からの批判が絶えず、「と学会」のようなウォッチャーも惹き付ける、"要注目"な現代の賢者を6人ご紹介。

オルタナ教育を推す「つくる会」元副会長

1106_takahashi.jpg

■教育
高橋史朗(教育学者、明星大学教授)
1950年生まれ。感性教育、臨床教育学、ホリスティック教育学、親学を推進しており、著書は『親学のすすめ-胎児・乳幼児期の心の教育』(モラロジー研究所)など。99年004年まで、従来の自虐史観を覆す「新しい歴史教科書をつくる会」の副会長を務めた。現在は大学で教鞭を執る傍ら、メディアにおいて、発達障害を病気ととらえた論を展開。「親が頑張れば発達障害は完全に治る」「治療すれば人間性を回復できる」とし、発達障害児を持つ親などから差別的であると批判されている。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年5月号

美容と筋肉の(裏)事情

美容と筋肉の(裏)事情

学校では習わない"日本のキリスト教"史

学校では習わない
    • スコセッシの【沈黙】は嘘だらけ!?
    • 宣教師と【キリシタン】の実態

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」
    • 連続解散に見る【アイドル】の限界
    • 【里咲りさ】が語るグループの終わり方
    • 【姫乃たま】が語るアイドル3年周期説

インタビュー

連載