>   > 「グルーポン」と「ホットペッパー」ホント...

──グルーポンが猛威を振るう中、従来のクーポンビジネスとはどこが違うのだろうか? 図解を用い、金の流れを見てみたい。

掲載のみはタダ……でも、高い割引が必要

1105_kyoudokonyu.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。

共同購入型クーポン

店舗によるクーポン販売サイトへの掲載は無料であり、クーポンの販売代金からサイト側が手数料を受け取るシステム。サイトの運営コストは雑誌など、広告掲載型に比べて安いが、「ユーザー=会員」を増やすための宣伝コストは大きい。店舗は広告費の負担がない分、定価の50%を下回るような割引を求められるが、従来のクーポンよりも確実な顧客の来店を見込むことが可能。しかし、大幅な割引に加えてサイトに支払う手数料を引かれるため、原価を割り込むリスクもある。また、クーポン購入者は「割引」を求めているだけであり、単純にクーポンを販売するだけでは、2回目以降、定価でリピーターを獲得するのは難しい。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー