>   > 『血だるま剣法』10万円は適正なのか? ...
第1特集
知られざる封印マンガの市場と価値【2】

『血だるま剣法』10万円は適正なのか? 本当に高い"封印マンガ"のお値段【後編】

+お気に入りに追加

前編はこちら

封印マンガコレクターはビンテージマニアの素人?

1104_cover_hakkin2.jpg
『まんが発禁×盗作×捏造封印の謎』

 山本氏がこう語るように、昨今は復刊されるケースが多いという封印マンガ。そのことが古書市場における希少価値を低下させていると、マンガ古書専門店「まんだらけ」でビンテージ部門を担当する國澤博司氏は語る。

「マンガ古書の市場を形成している顧客層は、発禁、もしくはなんらかの理由で回収されたなどの『封印』という要素を一義的な購入の動機とはしません。あくまでも作家やシリーズ、レーベルへの愛着が根底にあり、その上で『今では読めない』という封印マンガがあれば、そこに価値を見いだすわけで、一度でも封印されたからといってなんでも高いわけではありません。そもそも、復刊されて読むことができるようになると、それまでの需要は激減しますから。

 とはいっても、それは一般流通に乗り、書店などで販売されたマンガの話。本の形態と作者の人気度によってプレミア度も変わります。貸本版『血だるま剣法』はかつて弊社で販売していたときは10万円くらいの値段を付けていましたが、その後、呉智英氏の監修により青林工藝舎より復刊しました。ですが、貸本というジャンルにはコレクターも多くいるため、同作は値崩れを起こすことはありませんでした」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』