>   > 『血だるま剣法』10万円は適正なのか? ...
第1特集
知られざる封印マンガの市場と価値【2】

『血だるま剣法』10万円は適正なのか? 本当に高い"封印マンガ"のお値段【後編】

+お気に入りに追加

前編はこちら

封印マンガコレクターはビンテージマニアの素人?

1104_cover_hakkin2.jpg
『まんが発禁×盗作×捏造封印の謎』

 山本氏がこう語るように、昨今は復刊されるケースが多いという封印マンガ。そのことが古書市場における希少価値を低下させていると、マンガ古書専門店「まんだらけ」でビンテージ部門を担当する國澤博司氏は語る。

「マンガ古書の市場を形成している顧客層は、発禁、もしくはなんらかの理由で回収されたなどの『封印』という要素を一義的な購入の動機とはしません。あくまでも作家やシリーズ、レーベルへの愛着が根底にあり、その上で『今では読めない』という封印マンガがあれば、そこに価値を見いだすわけで、一度でも封印されたからといってなんでも高いわけではありません。そもそも、復刊されて読むことができるようになると、それまでの需要は激減しますから。

 とはいっても、それは一般流通に乗り、書店などで販売されたマンガの話。本の形態と作者の人気度によってプレミア度も変わります。貸本版『血だるま剣法』はかつて弊社で販売していたときは10万円くらいの値段を付けていましたが、その後、呉智英氏の監修により青林工藝舎より復刊しました。ですが、貸本というジャンルにはコレクターも多くいるため、同作は値崩れを起こすことはありませんでした」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

インタビュー

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』