>   > 『血だるま剣法』10万円は適正なのか? ...
第1特集
知られざる封印マンガの市場と価値【2】

『血だるま剣法』10万円は適正なのか? 本当に高い"封印マンガ"のお値段【後編】

+お気に入りに追加

前編はこちら

封印マンガコレクターはビンテージマニアの素人?

1104_cover_hakkin2.jpg
『まんが発禁×盗作×捏造封印の謎』

 山本氏がこう語るように、昨今は復刊されるケースが多いという封印マンガ。そのことが古書市場における希少価値を低下させていると、マンガ古書専門店「まんだらけ」でビンテージ部門を担当する國澤博司氏は語る。

「マンガ古書の市場を形成している顧客層は、発禁、もしくはなんらかの理由で回収されたなどの『封印』という要素を一義的な購入の動機とはしません。あくまでも作家やシリーズ、レーベルへの愛着が根底にあり、その上で『今では読めない』という封印マンガがあれば、そこに価値を見いだすわけで、一度でも封印されたからといってなんでも高いわけではありません。そもそも、復刊されて読むことができるようになると、それまでの需要は激減しますから。

 とはいっても、それは一般流通に乗り、書店などで販売されたマンガの話。本の形態と作者の人気度によってプレミア度も変わります。貸本版『血だるま剣法』はかつて弊社で販売していたときは10万円くらいの値段を付けていましたが、その後、呉智英氏の監修により青林工藝舎より復刊しました。ですが、貸本というジャンルにはコレクターも多くいるため、同作は値崩れを起こすことはありませんでした」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」