>   > "暴露"こそイメージアップへの近道? 共...
ぶれない政党・共産党、もし政権を取らば【3】

"暴露"こそイメージアップへの近道? 共産党機関紙「赤旗」のスクープ力

+お気に入りに追加

──一般人からすると、イマイチかたくなで取っ付きにくい印象の共産党。ソフト化路線が功を奏しつつも、相変わらず「内側の見えにくい政党」は、どうすれば大衆の支持を得られるのか?

0810_shinbun.jpg
1928年に「赤旗」として創刊された「しんぶ
ん赤旗」。スクープも多い。

 広報活動と党内固め──。結論から言えば、この2つのバランスをいかに取り、両立させていくかが、共産党にとって政権奪取の明暗を分ける重要なポイントとなる。その理由について、共産党の現状に関する2つの具体例を挙げて解説しよう。

 まず、第1の例が「赤旗」だ。先にも触れたが、「赤旗」の購読者数は2006年時点で約160万人で、ピーク時(80年)の半数以下と低迷している(グラフ参照)。とはいえ、最大の読者を抱える政党機関紙であることに変わりはなく、党員・支持者以外にも一定数の読者を獲得し、党の主要な収入源となっている。大企業の広告を掲載しないことから、有力企業・団体や政治家のスキャンダルといった分野において、時に一般紙をも凌ぐ取材力を発揮し、しばしばスクープを飛ばすことで知られる(下コラム参照)。
 
 政党機関紙である以上、「赤旗」は、本来、党員・支持者向けの色彩が濃い。しかし、それと同時に、対外アピール用の重要なツールでもあり、特に60~70年代には、「400万読者の実現」をスローガンに、党勢拡大のために盛んに利用された。旧来の党員をつなぎ留める役割と、新規党員を獲得する役割とを兼ねているわけだ。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』