>   > 「濡れ場は濃厚すぎて美しくない!」 イケ...

──ここまでの記事を読んで「で、この映画、おもしろいの?」とお思いの方のために、イケメン俳優ファンと、2010年12月号で約5年半ぶりの復活を果たした本誌のご意見番モンスター・ゲロたんが代わりに観てレビューして差し上げます。ご参照あれ!

[評者紹介]

ララベル
25歳。『テニミュ』ファン歴5年の乙女。最近は男版宝塚ともいわれている劇団、スタジオライフに骨抜きだとか。

まめ
25歳。『テニミュ』ファン歴5年の乙女。今はテニミュ出身の増田俊樹クンに夢中で、彼の成長を温かい目で見守っているそう。

1101_gerotan.jpg

ゲロたん
やじうまモンスター。芸能から映画、スイーツまで偏った知識と偏見で罵倒し尽くす。少女時代・ティファニーのケガ休養には誰よりも心を痛めている。


やや珍しい、本格的サスペンス

1101_tukito.jpg

『月と嘘と殺人』
監督・脚本/高橋正弥 出演/八神蓮、滝口幸広 発売/ポニーキャニオン 価格/6300円(初回限定版)、3990円(通常版)

警察学校で同期だった相田(八神)と奥寺(滝口)。所轄内で発生したひったくり事件と殺人事件の捜査を進めるうち、友人だったはずの2人の間に不信が生まれ始める。そして、連続殺人事件の捜査線上に犯人として相田が浮上してきた時、それぞれがとった行動とは──?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」