>   > 「濡れ場は濃厚すぎて美しくない!」 イケ...

──ここまでの記事を読んで「で、この映画、おもしろいの?」とお思いの方のために、イケメン俳優ファンと、2010年12月号で約5年半ぶりの復活を果たした本誌のご意見番モンスター・ゲロたんが代わりに観てレビューして差し上げます。ご参照あれ!

[評者紹介]

ララベル
25歳。『テニミュ』ファン歴5年の乙女。最近は男版宝塚ともいわれている劇団、スタジオライフに骨抜きだとか。

まめ
25歳。『テニミュ』ファン歴5年の乙女。今はテニミュ出身の増田俊樹クンに夢中で、彼の成長を温かい目で見守っているそう。

1101_gerotan.jpg

ゲロたん
やじうまモンスター。芸能から映画、スイーツまで偏った知識と偏見で罵倒し尽くす。少女時代・ティファニーのケガ休養には誰よりも心を痛めている。


やや珍しい、本格的サスペンス

1101_tukito.jpg

『月と嘘と殺人』
監督・脚本/高橋正弥 出演/八神蓮、滝口幸広 発売/ポニーキャニオン 価格/6300円(初回限定版)、3990円(通常版)

警察学校で同期だった相田(八神)と奥寺(滝口)。所轄内で発生したひったくり事件と殺人事件の捜査を進めるうち、友人だったはずの2人の間に不信が生まれ始める。そして、連続殺人事件の捜査線上に犯人として相田が浮上してきた時、それぞれがとった行動とは──?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ
    • 【ハリウッド】の性接待(禁)事情
    • 男女問わず性生活を楽しんだ【ドロシー】
    • 仕事のついでにHした【マリリン・モンロー】
    • マーベル無許可の【スパイダーマン】
    • 女でも容赦なしの【イタリアンスパイダーマン】
    • 映画における【ゾンビ】進化論
    • 映画の【ゾンビ】はこうして進化した!
    • 【ラテンアメリカ】の闘う革命映画
    • 【キューバ】とハリウッドの関係
    • 【間宮夕貴】ロマンポルノに魅せる!
    • 斜陽産業【ピンク映画】最前線
    • 【ピンク映画女優】緊急座談会
    • 2017年【日本映画】裏事情
    • 【ジャニーズ】ゴリ押しで邦画が危機!?
    • 【人種差別描写】の変遷
    • 【LGBT描写】を可にした『ムーンライト』
    • タブーなき【差別映画】闘論史
    • 常識を覆した【ディズニー】
    • 日本公開不能な【反日映画】
    • 【軍艦島】の国内批判
    • 【スパイ映画】の敵役と国際情勢

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

NEWS SOURCE

    • 【安倍首相】側近が仕掛けた衆院選戦略
    • 【キムタク】が東野圭吾の原作にダメ出し!?
    • 【紗栄子】の芸能界処世術

インタビュー

    • 【井本彩花】美少女コングランプリは未来の大物!
    • 【原田眞人】『フルメタル・ジャケット』から学ぶ映画論
    • 【峯モトタカオ】次世代打楽器ハンドパン

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』