>   > 「コミックボンボン」編集長×『プラモ狂四...

 2007年末、休刊を発表した「コミックボンボン」。30代の男性であれば、かつて「コロコロコミック」(小学館)と双璧を成した月刊少年マンガ誌として記憶に残っている人も多いだろう。そんな同誌の人気を牽引していたのが『プラモ狂四郎』である。ここでは、同誌元編集長・池田新八郎氏と同作・著者のやまと虹一氏が再会。「ボンボン」休刊から児童マンガ誌の行方まで、不振の続く業界についてを語り合った。

0811_bonbon_tobira.jpg
左・やまと虹一氏/右・池田新八郎氏(写真/江森康之)

──創刊は81年秋。当時は90万部を売り上げていた「コロコロ」が月刊少年マンガ誌では独り勝ちの状態でしたが、「ボンボン」では3号目から『プラモ狂四郎』がスタートし、同誌の快進撃が始まります。

池田新八郎(以下、池田) 創刊当初はあくまでマンガが中心で、アニメ化される予定だったジョージ秋山さんの『スパットマンX』を柱に考えていたんです。ガンプラは当時から人気があったので、創刊号の巻頭で特集を組んでみたら、そのページがアンケートでトップにきたんですよ。ただ、アニメ『機動戦士ガンダム』のストーリーを基にマンガを作っても、小学生にはまだ難しいだろうと思って、「カンプラを軸にしたマンガはできないか?」と、特集を担当したフリー編集者の安井(尚志/『プラモ狂四郎』の原作者)さんに相談したのが始まりです。

──作画にやまと虹一さんが選ばれた理由はなぜでしょうか?

池田 何人か候補はいたけど、ガンダムは"メカ"なので、どうしても力夕い感じがしてしまう。だから、劇画タッチよりもやまとさんのような柔らかいタッチがいいだろう、と判断し、お願いしたんです。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年10月号

(裏)動画案内2017

(裏)動画案内2017

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • みうらうみ「現役音大生の(禁)水着」

哲学的アニメ批評的水着グラビア

哲学的アニメ批評的水着グラビア
    • 【鹿目凛】と東大教授の化学反応

インタビュー

連載

    • 【青山ひかる】ニコ動が好きなんです。
    • 【藤田ニコル】彼氏と聴いてたback number
    • 『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?
    • 日本企業の【AI・IoT】は絶望的な結果!?
    • ゲス不倫くらいで騒ぐな!地下格闘技を見ろ!
    • 【菊地成孔】ミュージシャンと文筆家、2つの顔トーク
    • 思い出を作る【米軍基地】の盆踊り
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【2パック】ラッパーの物語が銀幕へ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 【アダルトチルドレン】ですべては親のせい!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『デトロイト』
    • 【理工系優位】がもたらす大学教育と知の劣化
    • 小原真史の「写真時評」/戦死者たちの肖像(中)
    • 打ち上げミサイル、下から見るか?横から見るか?
    • ジャングルポケット/ずっと舐めていられる!擬似ちくびの魅力
    • 【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】女心と秋の空は、まるで神隠し
    • 「バイオクイーン」ショコラの果てなき野望
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • YouTuberよどこへ行く…幽霊、現代香具師たちの難儀な炎上
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』