>   > 急成長ケータイコミックへの表現規制がマン...

 紙のコミック市場は、坂道を転げ落ちるかのように、年々販売高を減らしている。1995年のピーク時に達成した5865億円が、07年には4699億円になってしまった(出版科学研究所調べ)。毎年ほぼ100億円ずつマンガ市場が消えている計算だ。

0811_ketai.jpg
『ワンピース』といったヒット作のほか、BL
やTLなどちょっとエッチな作品がケータイ
コミックでは人気が高いようだ。しかし、最
近は市場が需要過多で、作品が品薄との
意見もある。(写真はイメージ)

 だが、"救世主"が現れた。03年秋、auのパケット定額制の導入により、ケータイコミック市場が実質的に立ち上がったからだ。その後、ケータイコミックは倍々ゲームを続けて売り上げを伸ばし、07年度には、販売高229億円にも達した(インプレス調べ)。紙の落ち込みを補う巨大市場が出現した格好だ。
 
 たとえば、成人向け出版社の松文館は、ケータイコミック市場が立ち上がった直後に参入。数千部にとどまっていたやおい系(BL)コミックスの中には、数十万ダウンロードにもなる作品が現れているという。大手・中小出版社ともども、ライトなエッチ系マンガを牽引役に、「27歳OL」を想定モデルとするユーザーに支えられて、売り上げを伸ばしている最中だ。

 しかし、好事魔多し。NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルなどの携帯キャリアに対して、2007年12月、総務省が青少年向けのフィルタリングの強化を指導したあたりから雲行きが変わってきた。キャリアは公式サイト内の"パトロール"を徹底。ケータイコミックの販売店(電子書店。出版社の直営店もある)が扱う作品の一部に対して「表現が過激だから、訂正しろ」と要求する"事件"も起きた。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』