サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > フランス人卒倒の問題作「マーターズ」に注...
ニュース
R-18指定で大臣に直談判!

フランス人卒倒の問題作「マーターズ」に注目

+お気に入りに追加
0909_martyrs_re.jpg
日本に来るのは初めてというロジェ監督(撮影/有高唯之)

「どん底の精神状態で、悲嘆に暮れていました」

 パスカル・ロジェ監督が脚本を書き始めたとき、個人的に嫌なことがあったのに加え、テレビから流れてくるのは乱暴で悲惨なニュースばかり。こんな世の中、もう終わりだよ……という絶望の中で『マーターズ』は作られた。本作の常軌を逸する恐怖と苦しみは、「監督、本当にもう立ち直ったんですか?」と心配したくなるほど凄まじい。

 長年、監禁・虐待された末に自力で逃げ出した少女が15年後、被虐者たちへ復讐を試みるが、そこで世にも恐ろしいものを発見する。少女が監禁された理由は明かされないまま、物語が進む不気味さ。挙げ句の果てに、見てはいけないものを見てしまったという居心地の悪さに襲われる作品だ。

「最近のホラー映画は、ただ怖がらせて終わってしまうような作品が多いですが、ホラーの歴史をたどると、メッセージ性の強さは外せません」

 しかしこれ、あまりにショッキングなメッセージ性ゆえに、本国フランスでは公開が危ぶまれ、監督自らが文化大臣に直談判したといういわくつき。

「当初指定のR-18は、実質的にポルノ映画と同じ扱いで、公開できないに等しい。表現の自由の侵害とする論争も起き、結局R-16に落ち着きました」

 まさに前代未聞のホラー映画なのだが、意外なことに監督はさほどホラーに固執していないという。

「この映画も、うまくいかないメロドラマとして、苦しみを表現するのが目的でした。でも出来上がると、僕の作品は結局いつもホラーになっているんです」

 今回初めて来日した監督だが、日本のホラー映画は年代を問わず大好きだとか。

「日本はサドマゾ的なものや、残酷な物語を美しく作る歴史がある。この作品を一番わかってくれるのは、日本の人だと僕は思っています」

 フランスでは気絶する観客もいたという本作。さて、監督の期待通り、日本人はこの痛みと恐怖に耐えられるか!?
(兵藤育子)

パスカル・ロジェ
コートダジュール生まれ。パリの映画学校を卒業後、イタリアン・ポルノの撮影現場などで働き、『Saint Ange』で長編デビュー。本作の成功によりハリウッドからオファーが殺到! 既に3本が決まっている。

0909_martyrs_bamen.jpg

映画『マーターズ』
行方不明になった少女・リュシーが、路上をさまよっているのを発見される。それから15年後のある日、ごく普通の家庭で呼び鈴が鳴る。それは惨劇の始まりだった……。監督/パスカル・ロジェ 出演/モルジャーナ・アラウィ、ミレーヌ・ジャンパノイほか 配給/キングレコード+iae 公開/8月29日より、シアターN渋谷にてレイトショーほか全国順次 公式サイト


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全
    • ブルース・リーからBTSまで【中韓エンタメ受容史】
    • 【中国ヒップホップ】の潜在能力
    • 【K-POP製作陣】が語る日本の課題
    • 【BTS】が成功して少女時代がコケた理由
    • 芸能界革命【中国アイドル】ブーム
    • 乃木坂より良い!?【Cアイドル】6選
    • 国家も支援する中国の【食動画】とは?
    • この【食動画】が見たい!セレクション
    • 【中国ファッション界】急成長とリスク
    • 【中国アート】市場の成熟度
    • 【菊地成孔】フロイディズムが息づく物語
    • 【笛木優子】韓国で女優を志すきっかけ
    • 【韓流ぴあ編集長】恥部も暗部も映像化する底力
    • 【片山慎三】今の韓国映画の原型!?60年前のサスペンス
    • 【キム・ソンフン】隠蔽された民主化の歴史を追う
    • 社会問題化する【韓国ネット民】の闇
    • 今も根強い韓国国内の【地域差別】
    • Jリーグも完敗の【中国サッカー】
    • 【朝鮮族】をつなぐサッカー文化
    • 【カンフー映画】の盛衰と進化の旅
    • 極東【バイオレンス】映画祭
    • 急速に広がる【中国SF】の世界
    • 【中国映画】1兆円市場・真の良作
    • 【2.5次元ミュージカル】13億人が熱視線

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

NEWS SOURCE

    • レアル移籍の【久保建英】を狙う魑魅魍魎
    • 浜崎あゆみの二番煎じ!?【安斉かれん】て誰?
    • 【参院選】裏の見どころは「不正操作」?

インタビュー

    • 【井桁弘恵】令和初の仮面ライダー美少女
    • 【ゴジゲン】ずっと終わらない永遠の放課後
    • 【FNCY】ヒップホップのニュー・クラシック

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』