>   >   > アイアンマンは本当に正義のヒーローなのか...
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第9回

アイアンマンは本当に正義のヒーローなのか?

+お気に入りに追加

【今月の映画】

『アイアンマン』
0807_machiyama.jpg
日本では認知度はイマイチだが、全米で大人気のアメコミ作品の映画化。巨大軍事企業の社長スターク(ロバート・ダウニーJr.)が、自ら開発した究極のパワードスーツを装着して巨悪と闘う。全米、全世界ともに興行収入2週連続1位を記録し、このメガヒットを受け、早くも続編の公開が2010年に予定されている。
監督/ジョン・ファブロー 出演/ロバート・ダウニーJr.、グウィネス・パルトロウほか
配給/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 日本では、9月27日より日劇3ほか全国ロードショー

 トニー・スタークは幼い頃から発明の天才で、父の後を継いで兵器産業の経営者になってからは、アメリカ軍のために日夜、最新兵器を開発している。

「スタークさん、あなたは現代のレオナルド・ダ・ヴィンチとの評判ですが」と、女性記者がマイクを向ける。「『死の商人』とも呼ばれていることについて、どう思いますか?」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学
    • 歴史で見る【悪法】のトリセツ
    • 【悪法】は司法でどう扱われるか?
    • 【悪法】誕生のカラクリ
    • 【法哲学者】が語る悪法対処法
    • 【刑法改正】は穴だらけ?

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

インタビュー

連載