>   >   > 小原真史の「写真時評」/ヨーガン レールの渚
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

ヨーガン レールの渚

+お気に入りに追加
ヨーガン レールの渚の画像1
ヨーガン レール『On the Beach 2』より。

 ドイツ人デザイナーのヨーガン レールは、1990年代後半から石垣島に別邸を構え、農業をしながら自給自足に近い生活を送っていた。2014年に交通事故で帰らぬ人となるまで、日本や近隣のアジア諸国から石垣島の浜辺に流れ着くゴミを愛犬との散歩がてら拾い集めることを日課にしていたという。ペットボトル、ブイ、容器、漁網、子どものおもちゃなどを再利用して作られたカラフルなランプシェードの作品は、彼の死後に日本各地で展覧会が開かれたこともあり、「最後の仕事」としてよく知られているのではないだろうか。ヨーガンにとってプラスチックゴミをもう一度人の役に立つ実用的なものに変えることは、ものを作ることを仕事にしている人間としての「小さな抵抗」だったようだ。

 浜辺で撮影した写真をもとに構成された書籍『On the Beach 2』(HeHe/15年)には、打ち捨てられたビーチサンダルや靴の写真が収録されている。波に洗われて劣化したサンダルの中には、サンゴのかけらのように細切れになったものや乾いてひび割れたもの、貝殻などの自然物が付着しているものがあるなど、元は同じ形だったとは思えないほど、バラエティに富んでいる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー