>   >   > 外国人向け風俗ガイド入門【2】/【東京】ナイトライフ案内
第1特集
外国人向け風俗ガイド入門【2】

ホストは現代の歌舞伎役者?――中国人がホスト遊び!?東京ナイトライフ案内

+お気に入りに追加

前記事「訪日観光客による性の爆買いの実態とは?――ハメたくてアフリカから来日!?海外で紹介される日本の性風俗」では海外で紹介される日本の性風俗について言及してきたが、日本の夜遊びは風俗だけではない。ここでは風俗以外の日本のナイトライフが、海外でどのように紹介されているのかを見ていこう。

1801_guidebook_400.jpg
海外の旅行ガイドブックや、ネットの旅行メディアでは、日本人が考えもしなかったような表現で夜の東京が紹介されている。

 外国人観光客が想像する「日本のナイトライフ」は、なにも性風俗だけではない。むしろ、キャバクラやホストクラブ、新宿二丁目に代表されるLGBT文化は、日本人が思っている以上に重要な観光資源となっている。そして、それを裏づけるかのように、海外のガイドブックには、男性のみならず女性やLGBTに向けた夜の情報が数多く掲載されている。

 例えば『Michelin Green Guide』は、ホストクラブについて「男はみんなブリーチされた長髪なので、すぐ判別できる」とか、「女性客が飲めば飲むほどホストの収入も増えていく。その様子は、かつて歌舞伎役者が富裕層の女性を接待した“芝居茶屋”に通じる」などと、ユニークな表現で紹介している。

 ネット上でもキャバクラやホストクラブは“芸者文化の後継者”とみなされているようで、「Tripadvisor」や「wikivoyage」といった口コミ系のウェブサイトでは、価格帯や基本的なルールなどのほか、「通訳はつくのか」「同伴出勤と店外デートの違いは」「セックスまでこぎつけるにはいくらかかるのか」などなど、経験者への質問で活気に溢れている。前記事に登場した李小牧氏も、こう補足する。

「最近は中国人女性もホストクラブに行ったりしますよ。日本語は話せないけども、体験してみたいんです。歌舞伎町の風林会館の近くとか、たくさんホストクラブの看板があるでしょう?中国じゃそんなことあり得ない。世界的に見てもこんなスケベな街はないですよ。男も女も性を楽しめる。人間“性”が溢れています」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』