>   >   > 【西森路代】極私的・HiGH&LOWと観たいアジア映画
第1特集
琥珀さん、勉強させていただきます!サイゾーpremiumハイロー祭【4】

あの入院シーンもオマージュだった? 極私的・HiGH&LOWと観たいアジア映画

+お気に入りに追加

――生コンを飲まされるコブラの画像が公開されたとき、その衝撃と共に話題になったのは、このシーンが韓国映画『新しき世界』のワンシーンに似ていることだった。同作をはじめ、アジア映画を愛して20年超のライター・西森路代氏が、ハイローと一緒に観たい“極私的”アジア映画を語る。

1712_h&l_asia.png
衝撃の生コンシーンもアジア映画のオマージュか?(You Tube「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」 予告編 60秒verより)

『HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION』(以下、『FINAL MISSION』)の公開前、コブラが吊るされ、“生コン”を飲まされている場面写真が公開され、多くの人の度肝を抜いた。同時に、この場面が韓国映画『新しき世界』(2014/以下、すべて日本公開年)のワンシーンを思わせるというのも話題になった。これをきっかけに、同作を観たというハイローファンもいるのではないだろうか。

 かく言う私は公開当時、『新しき世界』にドハマりし、ツイッターのスクリーンネームで「新しき西森路代」と名乗っていた。当時は同じように「新しき」を名乗るファンが何人もいたのだ。ここにきて、そんな自分にとっての特別な映画と、現在ドハマりしている『HiGH&LOW』がつながったのはうれしかった。同時に、今まで20年以上も香港映画を観てきたこと、アジア各国のアウトローを描いたアクション作品が好きだった自分をさらに肯定できる気がして、胸が熱くなったものだ。私のほかにも、形は違えどそんな人はいるのではないだろうか。

『新しき世界』で“セメント”のシーンが出てくるのは冒頭だ。組織の中に“警察のイヌ”がいると判明し、疑惑をかけられた構成員がセメントを飲まされ、その後、ドラム缶に入れられたまま海に放り込まれて、その構成員は映画から退場する。ちなみに、『新しき世界』のファンは「生コン」ではなく「セメント」と言う。『HiGH&LOW』ファンの間では「生コン」という名称が定着したようなので、以下からはそう書く(『FINAL MISSION』の劇中でも「できたぞ、セメント」というセリフがあるので、やはりあれは「セメント」なのではないかと思いつつ……)。

『FINAL MISSION』で“生コン”を飲まされるのは、末端のキャラクターではなく、「全員主役」といわれる同シリーズの中でも主役中の主役であるコブラである。「生コンなんか飲んだら、食道や内臓の粘膜やられて、いくらコブラでも動けないよ!」と思ったら、そこはうまいこと展開してくれていてほっとした。

 さて、『HiGH&LOW』シリーズを見ていると、『新しき世界』以外にも「この映画へのオマージュなんだろうか」と思う作品がいくつも思い浮かぶ。本稿では、そうした作品をはじめ、『HiGH&LOW』とあわせて観ると楽しめるアジア映画を、個人的な視点で紹介していきたい。

琥珀&九十九の入院シーンもアジア映画へのオマージュか?

1712_h&l_asia2.jpg
『インファナル・アフェア』

 そもそも、『新しき世界』もまた、ある映画へのオマージュだといっても過言ではない。その映画とは、香港で制作された『インファナル・アフェア』(03〜)シリーズだ。アメリカでも『ディパーテッド』(07)というタイトルでリメイクされ、日本でも、西島秀俊&香川照之のコンビで『ダブルフェイス』(17年/TBS)というタイトルでドラマ化されたため、知名度は高いだろう。

『インファナル・アフェア』は、警察官が黒社会に潜入し、また黒社会の若い構成員が警察学校を卒業してそのまま警察官となって警察組織に潜入しているという二重の潜入捜査ものである。こうした斬新な設定は、その後の作品に影響を与えた。『新しき世界』もそのひとつである。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ