>   >   > 日本テレビ「出産祝いに20~30万円」で国税が! 局員が“意気消沈”しているワケとは?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

日本テレビ「出産祝いに20~30万円」で国税が! 局員が“意気消沈”しているワケとは?

+お気に入りに追加
1712_nihontv.jpg
『日本テレビの「1秒戦略」 (小学館新書) 』(小学館)

「視聴率三冠王」をひた走る日本テレビだが、意外や、ここにきて局員たちのテンションが落ちまくっているという。

 その理由は、一部の局員たちの税金が急激に上がったためだという。いったいどういうことなのか?

「11月の上旬頃に、日本テレビに国税が入ったそうです。引っかかったのは、結婚祝、出産祝、見舞金、香典等の慶弔金。本来、会社から役員・従業員に支払われた慶弔見舞い金や弔慰金は『社会通念上相当と認められるもの』であれば、課税はされません。しかし日本テレビでは、たとえば子どもが生まれた場合、20万~30万円の祝い金が支払われていた。これが『社会通念上よりも高すぎる』ため、課税対象になる『給与等の所得』だと指摘されたというのです」(日テレ関係者)

 しかし、日本テレビ側にも言い分があったという。前出の日テレ関係者が続ける。

「日テレは7~8年前に大リストラを行い、局員の給料を大幅にカットしていいます。それが原因で当時、夏目三久、羽鳥慎一、山本舞衣子、西尾由佳理といったアナウンサーが次々と辞める異常事態が発生したほど。そのときに、扶養手当もカットされました。扶養手当のない会社なんて、メディアの中では日テレくらいでしょう。その代わりに慶弔金などの額を通常より高くしていたわけですが、その言い分は国税には通じなかった。急遽、局員全員を対象にした説明会が行われましたが、それよると3年に遡って計算され、慶弔金等を受け取っていた人は住民税が跳ね上がり、急に給料の手取りが3万円程度低くなってしまったわけです。『テレ東よりも低いんだから、これ以上、小遣いが減らされたらタマラナイ』と意気消沈している人で局内があふれかえっていますよ」

 日テレといえば、ディーン・フジオカや嵐・櫻井翔の主演ドラマが爆死し、「局員の宣伝意欲が低すぎる」との一部報道もあったが、その理由の一端がここにあったりして!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年3月号

ヤバい!雑誌50!!

ヤバい!雑誌50!!
    • 反逆の【若手雑誌編集者】座談会
    • 【海外音楽雑誌】の"裏シノギ"
    • 雑誌が激写した【タブーな1枚】
    • 【下着モデル】グラビア初登場
    • 芸能週刊誌の【バーニング】忖度報道
    • 【芸能マネ】が戦々恐々する9誌
    • 大企業の【企業広報誌】クロニクル
    • 【丁寧な暮らし】雑誌の実と虚
    • ライフスタイル誌【1週間】妄想
    • 【バブル期】の雑誌は何を残したか?
    • 【dマガジン】が雑誌に与えた衝撃
    • 【dマガジン】セクシー写真の基準
    • 【TIME】も買収!アメリカ雑誌の今
    • 【週刊誌記者】違法スレスレの取材
    • 密着【週刊誌記者】の1週間
    • 【クリッピング】から見る雑誌の今
    • 【精神科専門誌】の怪しい魅力
    • 【処方薬】のキケンな広告たち

SKE48・惣田紗莉渚の「うらばなし」秘蔵写真

SKE48・惣田紗莉渚の「うらばなし」秘蔵写真
    • 【SKE48・惣田紗莉渚】未公開セクシーショット

NEWS SOURCE

    • 【小室と小泉】不倫報道を繋ぐ点と線
    • 【新聞業界】の働き方改革とは?
    • 【卓球プロリーグ】を阻む利権

インタビュー

    • 【岡本夏美】大躍進する元おはガール
    • 【ゆんぼだんぷ】「細かすぎて」から世界へ!
    • 【SUSHIBOYS】ハイセンスなサイタマノラッパー

連載

    • マルサの女/【園都】
    • 【モトーラ世理奈】嵐にドハマりしてます
    • 【片岡沙耶】下乳Angelが光臨
    • 山本晋也監督が語る五輪と映画
    • 愛のままにわがままに僕は【杏果】だけを傷つけない
    • ビットコインを安全に使うのに必要なこと
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【水道橋博士】が見せたトークの星座
    • 伝統芸が【EXILE】とコラボ
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【エクスケイプ】90年代魂を伝える女たち
    • 【淫行勧誘罪】無修正AVはなぜ違法なのか?
    • 【ドパミン仮説】統合失調症の虚実
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『ザ・シークレットマン』
    • 安全保障に役立たない史上最高額の【防衛費】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/AIスピーカー未来予想図
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ダークナイト】語りおじさんとミソジニー
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文春砲暴発の荒野で屍を漁る。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』