>   >   >  小原真史の「写真時評」/阿波根昌鴻と伊江島の闘い(上)
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

阿波根昌鴻と伊江島の闘い(上)

+お気に入りに追加
1712_P128-131_01_520.jpg
琉球政府の敷地内から立ち退かされ、立法院南側の空地に移動する陳情団。

 10月11日、沖縄県東村高江の牧草地で米軍の大型ヘリコプターCH53が大破・炎上した。昨年の名護市安部におけるオスプレイの墜落をはじめ、2004年の宜野湾市の沖縄国際大へのヘリコプターの墜落など、沖縄ではこれまで幾度となく類似の事故が起きてきたが、原因究明に向けた調査は、日米地位協定の壁に阻まれ、いつの間にか同型の機体が上空を飛び始めるということが繰り返されてきた。沖縄の住民の戦場と地続きの生活は、半世紀以上も続いており、本土では半ば不可視化されている占領が、この地では臆面もなく露出している。

 かくも大規模な他国の軍隊の沖縄への駐留は、米軍が戦争のどさくさで島々を軍事基地化したことに端を発する。米軍は太平洋戦争終了後も沖縄の住民から土地を強制接収して基地を建設・拡張した。沖縄本島北部、本部半島の北西に位置する伊江島でも「銃剣とブルドーザー」による苛烈な土地接収が行われ、これに対し住民たちは知恵を絞って米軍に抵抗した。伊江島の抵抗運動の中心となったのが、阿波根昌鴻である。17歳でキリスト教徒となった阿波根は、1925年からキューバ、その後ペルーに移民、34年に沖縄へ戻った後、伊江島の真謝地区に移住したが、45年4月16日の米軍による伊江島上陸によって、安住の地を追われることとなる。日本軍守備隊と米軍との激しい戦闘の後、阿波根は生き残った住民らと共に捕虜となり、沖縄各地を転々とした後、47年の末になってようやく真謝に戻ることができたという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』