>   >   > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【24】/逃げるは恥だぞ【菊川怜】
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【24】

声を大にしていいたいのは、「まずは、おめでとうでしょ」……だけど逃げるは恥だぞ【菊川怜】

+お気に入りに追加

『菊川 怜』

1707_kikukawa4C_200.jpg

タレント・菊川怜と結婚した実業家・穐田誉輝氏に4人の婚外子がいるという文春砲が炸裂。結婚発表当初、キャスターの小倉智昭は彼のことを絶賛していたが、ちょっと前にも覚せい剤で逮捕された俳優の絵を評価するなど、その「人を見る目」にも注目が集まっている。


 菊川怜の結婚にケチがつきまくっている。

 まず、自身がキャスターを務めるフジテレビ『とくダネ!』で、結婚の報告をしたところ、番組内の演出で用意された「祝 脱・独身」という垂れ幕に対して、ネット上ではセクハラだなんだと大騒ぎ。それがようやく落ち着いたと思ったら、今度は「週刊文春」5月18日号で夫の穐田誉輝氏に3人の婚外子がいることが報じられた。さらにその翌週号では、「実は婚外子はもうひとりいました」という、「乗客に日本人はいませんでした」と言われたほうがよほど気持ちの整理がつくのではないかというほどの大騒ぎとなっている。

 番組演出上の配慮、穐田氏の倫理観をはじめ、菊川自身へも情報番組のキャスターを務める身としてどうなのよ? といった議論が起こっているが、声を大にして言いたいのは「まずは、おめでとうでしょ」ということである。「人とぶつかったら、ごめんなさいでしょ」(『逃げるは恥だが役に立つ』第6話より)といった、もはや躾レベルの叱責をしたいのである。なんだかんだ言ったところで、もう結婚しちゃっているのだから、まずは祝福してあげましょうよと。問題はそれから解決していけばいいじゃないの。

 そもそも今回の件、わからないことが多すぎる。まず菊川の夫となった穐田誉輝氏だが、名前が読めない。「あきたよしてる」というそうだが、毎回ルビを振ってもらわないと読めないし、覚えられないではないか。さらに、急に耳慣れない言葉が出てきたのである。「婚外子」。

 知ってた? 婚外子って。「コンガイシ?」もはや外国人観光客レベルの片言で問いただしてしまうぐらいにキョトーンなワードなのである。なんなら、穐田氏がこれまで社長を歴任してきた「カカクコム」とか「クックパッド」に並ぶ「コンガイシ」という新たなサービスなのではないかと思ってしまうほどだ。不倫だ隠し子だと、スキャンダラスな言葉がすっかり浸透した現代において、まだこんな隠れキャラ的なスキャンダル用語があったのかと、つくづく男女関係の奥深さを思い知らされる次第だ。

 まあ、そんなことはともかく、この穐田氏がなぜこれほどまでに叩かれているのか、文春の報道を時系列順に振り返ってみよう。04年、穐田氏は妻帯者でありながら、地方で知り合った当時高校生だった女性と恋に落ちる。その後、上京してきた彼女と関係を続けるも、妊娠が発覚すると認知を拒否。金銭的援助を十分に行わず、突然連絡を絶ったという。その後、穐田氏は妻と離婚。12年には内縁関係にあった女性2人に同時期に子どもを出産させる。そのうちのひとりとは内縁関係を続け、15年には第二子をもうけるが、穐田氏の人間性に不安を抱いた女性のほうから申し出て内縁関係は解消。後半の2人の女性には養育費等を支払ったそうだが、2人の子をもうけたほうの女性いわく「菊川さんと結婚されてから、支払いが止まっている」とのこと。

 おい! ひどい奴じゃないか。ダメだダメだ。こんな奴にウチの菊川はやれませんよ。

 確かに文春の報道だけを見ていたら、やいのやいの言いたくなる気持ちはわかる。なかには菊川に対する親心的な感じでこの結婚に反対している人もいるのかもしれない。ただ、こういうのは『北風と太陽』みたいなもので、ストレートにぶつけていたのでは本人が意固地になってしまうものだ。

 だからといって、穐田氏を擁護するつもりもないが、これまで認知を拒否したり、内縁関係という形式をとってきた彼が、ここへきて菊川怜とは正式に「家庭を持とう」と思った心境の変化には期待が持てるのではないだろうか。「俺、さんざん無茶苦茶してきたけど、お前と出会えて、なんか変われそうな気がすんだ」みたいな、湘南乃風の歌詞にありそうな感じのアレだ。

 しかも、これにこたえるかのように菊川のほうは、穐田氏の所業を「すべて知っている」とのこと。わかったうえで結婚しているのであれば、もう何も言いますまい。菊川の覚悟を黙って見守ろうではないか。だいたいね、放っておいたら、またヨソで婚外子つくるよ! あの男は!!

 なんだか、応援しているようで、その実、『北風と太陽』の太陽の役割を買って出ているようになってしまったが、離婚しちゃえばいいのにとか、人の不幸は蜜の味とか思っているわけじゃないんだからね! というか、菊川自身が婚外子の意味がわかってないとかじゃないよね?

西国分寺哀(にしこくぶんじ・あい)
穐田誉輝氏の記事を読もうと「週刊文春」5月18日号を開いたら、広末涼子のグラビアに釘付けになった40代男性。脱・独身を目指している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』