>   >   > 【ニュース】NEWS手越、女子高生の制服への執着心はガチだった!
ニュース
【premium限定ニュース】

ベッドでチャンカパーナ写真流出のNEWS手越、女子高生の制服への執着心はガチだった!

+お気に入りに追加
NEWS手越、女子高生の制服への執着心はガチだった!

 さすがにファンもドン引きしたことだろう。これまで手越が冗談まじりで漏らしていた“あの性癖”が実はガチだったことが判明してしまった。

 6月6日発売の写真週刊誌『FLASH』が、ジャニーズのアイドルグループNEWSの手越祐也と一般女性が写ったベッド写真を掲載した。

「写真を提供した女性によると、手越とは彼女がまだ学生だった14年に都内のバーで知り合い、2人きりになったところで部屋へ移動し、男女の仲になったそうです。以降、約3年にわたって関係を続けたといいます」(週刊誌記者)

 記事では「手越は舐められるのが好き」「唾液の匂いを嗅ぐのが好きで口に指を入れてくる」と、恥ずかしい性癖までも暴露されている。

「手越のクローゼットには、何着もの女子高生の制服が置いてあり、女性は何度も着替えさせられたそうです。中学時代は私立の男子校に通い、女子生徒との接点がなかったことで制服への異常な執着心が芽生えたのかもしれません」(前出・週刊誌記者)

 実は手越の女子高生好きは、これまでもたびたび“ネタ”にされてきた。

 『おしゃれイズム』(日本テレビ系)にNEWSが出演した際には、手越は移動車から外の女子高生を食い入るように見ていたとメンバーが暴露。また、昨年のラジオ番組でも、手越は目的地のジムへ車で向かう際、わざわざ遠回りして女子高生の通学路ルートを走っていると、本人が明かしている。

 さらに別のラジオ番組では、「学校帰りに女子高生がクレープを食っているのがスッゲェー好き。可愛いなって思う」と力説していたことも。

「ある番組で、文化祭に行きたいと言い出した手越はその理由を聞かれて、『なぜ? そこにJKがいるから』と何度も連呼していました。制服熱がいまだ冷めないことをツッコまれても、『冷めないよ~。俺、たぶん40、50になっても好きなんじゃないかな』と宣言。しかも、制服の生地へのこだわりまであるようで、『安い制服じゃダメ! 本当にその学校で指定しているヤツじゃないと。生地感が大事!』と嬉々として語っていました」(芸能ライター)

 AKB48の柏木由紀や、きゃりーぱみゅぱみゅとも浮名を流してきた手越だが、彼女たちが“ストライクゾーン”だった理由がなんとなくわかった気がする。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』