サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【ニュース】NEWS手越、女子高生の制服への執着心はガチだった!
ニュース
【premium限定ニュース】

ベッドでチャンカパーナ写真流出のNEWS手越、女子高生の制服への執着心はガチだった!

+お気に入りに追加
NEWS手越、女子高生の制服への執着心はガチだった!

 さすがにファンもドン引きしたことだろう。これまで手越が冗談まじりで漏らしていた“あの性癖”が実はガチだったことが判明してしまった。

 6月6日発売の写真週刊誌『FLASH』が、ジャニーズのアイドルグループNEWSの手越祐也と一般女性が写ったベッド写真を掲載した。

「写真を提供した女性によると、手越とは彼女がまだ学生だった14年に都内のバーで知り合い、2人きりになったところで部屋へ移動し、男女の仲になったそうです。以降、約3年にわたって関係を続けたといいます」(週刊誌記者)

 記事では「手越は舐められるのが好き」「唾液の匂いを嗅ぐのが好きで口に指を入れてくる」と、恥ずかしい性癖までも暴露されている。

「手越のクローゼットには、何着もの女子高生の制服が置いてあり、女性は何度も着替えさせられたそうです。中学時代は私立の男子校に通い、女子生徒との接点がなかったことで制服への異常な執着心が芽生えたのかもしれません」(前出・週刊誌記者)

 実は手越の女子高生好きは、これまでもたびたび“ネタ”にされてきた。

 『おしゃれイズム』(日本テレビ系)にNEWSが出演した際には、手越は移動車から外の女子高生を食い入るように見ていたとメンバーが暴露。また、昨年のラジオ番組でも、手越は目的地のジムへ車で向かう際、わざわざ遠回りして女子高生の通学路ルートを走っていると、本人が明かしている。

 さらに別のラジオ番組では、「学校帰りに女子高生がクレープを食っているのがスッゲェー好き。可愛いなって思う」と力説していたことも。

「ある番組で、文化祭に行きたいと言い出した手越はその理由を聞かれて、『なぜ? そこにJKがいるから』と何度も連呼していました。制服熱がいまだ冷めないことをツッコまれても、『冷めないよ~。俺、たぶん40、50になっても好きなんじゃないかな』と宣言。しかも、制服の生地へのこだわりまであるようで、『安い制服じゃダメ! 本当にその学校で指定しているヤツじゃないと。生地感が大事!』と嬉々として語っていました」(芸能ライター)

 AKB48の柏木由紀や、きゃりーぱみゅぱみゅとも浮名を流してきた手越だが、彼女たちが“ストライクゾーン”だった理由がなんとなくわかった気がする。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』