>   >   > おそ松ヒットからお粗末な結末へ
ニュース
さまざまな思惑がうごめくピコ太郎ブレイクの裏側

ピコ太郎ブレイク裏話――揺れるエイベックスを救う腕利きフィクサー

+お気に入りに追加

おそ松ヒットからお粗末な結末へ

『おそ松さん』のヒットやピコ太郎ブレイクなどで向かうところ敵なし状態であったエイベックスだが、強姦未遂事件や残業代未払い問題などが続き、組織として改革を余儀なくされることとなっている。残業問題に至っては、該当する社員に勤務記録を提出させるなどして、労働形態の見直しに反映すると社内アナウンスがされたようだ。

ピコ太郎ブレイク裏話――揺れるエイベックスを救う腕利きフィクサーの画像1
松浦氏のモットーである「仕事が遊びで、遊びが仕事」という考えも、古くさい思考と思われてしまう時代になってしまったのか。

 我が国を代表するレーベルであり、なにかと頻繁に話題を提供してくれる総合エンタテインメント企業エイベックスが、またやらかしてしまった。

「週刊文春」(文藝春秋)4月27日号において、エイベックス・グループ・ホールディングスの松浦勝人社長と千葉龍平元副社長が共同で建設した軽井沢の別荘「松龍荘」にて、同社関連会社で執行役員を務めていた男性が、グラビアアイドルに対して強姦未遂事件を起こしたという記事が掲載された。15年10月、この別荘でエイベックスの男性社員やグラビアアイドルなど10名が参加したパーティが行われ、千葉氏と共に参加した部下のA氏が、深夜にグラビアアイドルに無理やり関係を迫り、幸い未遂に終わったものの、被害者女性は手足に痣が残るほどのケガを負ったという。エイベックスの内情に詳しい業界関係者B氏の話。

「A氏は文春で報じられた通り、エイベックスのデジタルコンテンツ制作部の統括部長を務めていましたが、事件後の翌年3月に退職しています。また、『カラオケの鉄人』を経営する株式会社鉄人化計画の役員待遇、T・Rプロジェクト(映像と音楽を活用した新サービス)なる事業の本部副本部長も務めていましたが、そちらも除名。彼はBeeTV(エイベックス通信放送が運営する携帯電話専門の動画配信サイト)の制作プロデュースを担い、オリジナルドラマの制作を手がけていたことも。被害者女性との関係は、そのキャスティングにおけるやりとりで生まれたものでは? とも噂されていました」

 被害者となったグラドルは、すぐに長野県警に被害届を出したものの、その後、示談が成立。記事によれば、この手の事件としては異例である3000万円という高額の示談金が支払われたという。また、事件発生時には別荘を離れていたという千葉氏だが、昨年6月にエイベックス・グループ・ホールディングスの副社長を退任し(エイベックス側は、事件と退任は無関係と主張)、現在は海外のグループ会社、エイベックス・インターナショナル・ホールディング・コーポレーションの副会長兼COOを務めている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載