>   > ハイスタ【中学生英語歌詞】の実力
第2特集
再始動で見えたハイスタの“失敗”【3】

海外進出とヘタな英語歌詞がパンクの衰退化を招いた!? ハイスタが後続バンドに与えた英歌詞の実力

+お気に入りに追加

――海外でも人気を博していたというハイスタだが、その英語はお世辞にもうまいとはいえない。それでも、ファンやフォロワーのバンドは今なお彼らを神聖化し、「ハイスタの歌詞は簡単でわかりやすいから刺さるんだ」と語る。そんな、ハイスタが与えた中学英語の衝撃と、その罪とは?

1701_2toku_p7_230.jpg
ハイスタの初期のアルバム2枚をプロデュースしたNOFXのファット・マイク(写真中央)。彼の協力がなければ、ハイスタの海外進出は考えられなかった。(photo by camilo gomez from flickr)

 2000年の活動休止から長い沈黙を破り、活動を再開したHi-STANDARD(以下ハイスタ)。前ページでも言及されてきたが、ハイスタを語る上で忘れられないのが、ファット・レック・コーズと契約し、海外進出を果たしていたことだ。だが、ともすれば“中学英語”と揶揄されるシンプルな歌詞は、海外で本当にウケていたのだろうか?

 当時のハイスタというのは、日本の音楽シーン全体を揺るがした存在であったことは間違いないだろう。ただ、海外進出に関しては、ハイスタを神聖化するファンが、尾ひれをつけて彼らの業績を過大評価しているようにも思えなくもない。まるで、昔を懐かしむ、おっさんのように……。

 そんな中、発売当日にハイスタの新譜を購入したという大学生もいたが、彼のような若い世代にとって、ハイスタとはどのような存在なのかを聞いてみよう。

「高校時代、周りのバンドはみんなハイスタの『My First Kiss』をコピーしていましたよ。別にハイスタの曲だっていうのは誰も知らないけど、『はじめてのチュウ』って英語だとカッコいいなって。でも、パンクを聴いている友人は、周りにはいませんでした。だから、パンクのおっさん化と言われてもしょうがない気はしますね。例えば、パンクの聖地たるライブハウス・東高円寺二万電圧(旧・高円寺20000V)は、今ではおっさんしかいないんですよ。おっさんバンドが客でおっさんを呼ぶ状態です」

 演奏する側も、聴く側も、おっさんしかいない。これこそが、横山健が危惧していた、“若者のパンク離れ”だろう。

 パンクが当時の少年たちの時を止めてしまったのか、それとも日本でパンクの土壌が成り立たなかったのか?

 そこで、ここでは現在までに続くハイスタの功罪──「ハイスタのシンプルな英語歌詞が、日本のパンクのフォーマットを作ってしまい、似たようなスタイルのバンドがどんどん生まれ、それが飽きられた結果、パンクの若者離れ・おっさん化を招いたのでは?」という疑問を検証したい。

 まず、ハイスタ・ファンは「海外でもガンガン売れた日本のロックバンドなんだ!」と褒めたたえる。果たしてあの英語で大丈夫だったのだろうかと、懐疑的に思ってしまうのだが、90年代にハイスタのインタビュアーとして指名を受け、親密な関係を築いてきた、パンク/ハードコアに詳しい音楽ライターの行川和彦氏はこう語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論
    • 【ウェブ編集vs雑誌編集】討論会
    • 【ジャニーズ】動画ビジネスの是非
    • 【元NMB・高野祐衣】が美ボディ披露
    • 動画配信サービスと【JKの本音】
    • 【72歳】のユーチューバーが登場
    • 【Creepy Nuts】がヒップホップ動画を斬る
    • アジア人ラッパーがバズる【88rising】
    • 【88rising】の気鋭アーティスト6選
    • 大手企業が群がる【eスポーツ】
    • 【学者vs業界団体】がガチバトル
    • 検閲とエロの【中国ウェブ文化】
    • 【ライブチャット】が流行る中国
    • スラムと【マフィアとグロ動画】
    • 【Amazon】がテレビ局になる日
    • 【インド市場】で動画配信戦争が勃発
    • 【民泊利権】に群がる宿泊&住宅サイト
    • ネット配信が【AV】に与えた影響
    • 【配信専属AV女優】は何を思う?

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【橋本乃依】芸能界1年生が描く青写真
    • 【想田和弘】「観察映画」に託した未来
    • 【桜井莉菜】35歳現役ギャルモデルの提言
    • 【DJ CHARI&DJ TATSUKI】最先端ヒップホップの形

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』