>   >   > 【三大宗教の女性観】とその功罪
第1特集
宗教から見る女性問題【1】

宗教は女性を抑圧してきたのか? 三大宗教の女性観とその“功罪”

+お気に入りに追加

――果たして宗教は、女性を抑圧してきたのだろうか? 確かにイスラム教では、男尊女卑による差別があり、旧約聖書では、女性は男性の一部から生まれてきたという記述がある。“性”の問題を取り上げる今回の特集において、ここでは宗教から見る女性論ともいうべき視点を解説してみたい。

1611_shukyo4_230.jpg
ニューヨーク・タイムズが配信した、1975年に撮影された写真の記事。

 南仏の高級ビーチリゾート・ニースの浜辺で、青いスカーフと長袖の服を着た女性が、警察官に取り囲まれて脱ぐように促されている──。そんな1枚の写真が今年の夏の終わりにツイッターに投稿され、世界中へと拡散された。

 ニースの警察官たちがこのような行動に及んだのは理由がある。今夏、フランスでは7月にカンヌ市がブルキニ着用を禁止したのを皮切りに、30近くもの海沿いの自治体がブルキニ禁止令を出していたのだ。

 ブルカとビキニを組み合わせた造語であるブルキニは、肌を出すことが禁じられているイスラム教徒の女性でもビーチで過ごせるようにと、オーストラリア人でイスラム教徒のデザイナーによって開発された。そのデザイナー、アヒーダ・ザネッティ氏に取材した朝日新聞デジタルの記事によると、2004年からオンラインでの販売を始め、08年からこれまでに世界で約70万枚を売り上げたそうだ。

 それまで、イスラム教徒の女性はビーチに行っても足を水に浸すくらいしかできなかった。ブルキニを着用することで、初めて海に入れたというイスラム教徒の女性は多い。そのブルキニが、なぜフランス各地で禁止されるに至ったのだろうか。

「ブルキニ禁止令の背景には、フランスに根強く横たわるイスラム嫌悪があります。特にニースでは7月14日に残念ながらイスラム教徒によるテロが起こっており、非常にセンシティブになっていたことが大きく影響しています」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

    • 【地方自治体】と新聞の癒着
    • 【箱根駅伝】ルール改悪の裏側
    • 【フジ月9】竹野内豊出演拒否の事情

インタビュー

    • 【浜辺美波】石川JKから東宝シンデレラへ
    • 【山本佳乃】被写体となった少女の過去
    • 【モンスター大陸】ブルースバンドと筋肉

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」