連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

日米合作の天皇イメージ

+お気に入りに追加
1512_ph_06.jpg
「LIFE」1946年2月4日号(個人蔵)

 1945年9月2日に降伏文書に調印した日本では、アメリカ主導による占領が進められた。アメリカ政府の「天皇制を支持はしないが、利用する」という初期対日方針は、昭和天皇個人の処遇について明確にするものではなく、連合国諸国の間でも天皇制存続に反対する意見も出ていたため、「国体護持」について予断を許さない状況が続いた。天皇サイドとしての火急なる課題は、昭和天皇個人の訴追と退位を回避し、天皇制を維持するということにあり、そのために天皇イメージの転換が模索されていた。

 そんな折、アメリカのグラフ誌「LIFE」から昭和天皇一家の撮影依頼が舞い込むのだが、昭和天皇とダグラス・マッカーサーとの屈辱的な会見写真で苦い思いをした矢先ということもあってか、皇室はアメリカ人による撮影を拒んだという。日米双方の綱引きの結果、山端祥玉が45年10月に設立した写真通信社サン・ニュース・フォトスが担うこととなり、天皇のいわゆる「人間宣言」が新聞各紙に掲載された1月1日に祥玉が宮内省嘱託に任じられた(白山眞理『〈報道写真〉と戦争 1930-1960』、吉川弘文館)。祥玉が戦前に起こしたG・T・サン商会は、軍部や政府機関から対外宣伝用写真の撮影やプリントの制作を受注しており、昭和天皇撮影の実績もあった。そして何よりも、祥玉は天皇に敬意を抱く日本人であった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』