>   >   > 【ノーベル賞】運営の内実

――発明家であり実業家でもあるアルフレッド・ノーベルが、その莫大な遺産で創設したノーベル賞。毎年日本でも受賞前からメディアに取り上げられるが、その総経費は実に年15億円。ここではそんなノーベル賞の選考や運用についてひもといてみたい。

1512_nobel_01.jpg
(絵/黒川知希)

 日本人2人受賞の快挙――。今年も、新聞やテレビをはじめとした各メディアにそんな文字が躍った。10月5日に大村智・北里大特別栄誉教授が「寄生虫による感染症の新治療法の発見」で生理学・医学賞を、そして翌6日には梶田隆章・東京大宇宙線研究所長が「ニュートリノの質量の実証に関する研究」で物理学賞を受賞することが決まった。日本人としては昨年も赤崎勇・名城大終身教授、天野浩・名古屋大教授、中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授の3氏が物理学賞を受賞しており、2年連続の快挙となった。

 教育水準の低下――ことさら、理数系の分野が顕著である――が国内で叫ばれる中、こうした快挙を見るにつけ、やはり日本の科学技術力には目を見張るものがあると感じさせる。だが一方で、先の小保方晴子氏による捏造論文騒動を例にとっても、良きにつけ悪しきにつけ科学というジャンルはしばしば注目を集めている。今回の特集では、その“科学”にスポットを当てているが、まずは日本中が歓喜したノーベル賞を見ていこう。

 さて、日本のみならず、世界各国で大きく報じられるノーベル賞だが、言うまでもなく、世界を見渡してもこれほどまでに注目され続け、権威を認められる賞はほかにはない。

 では、あまたある“賞”の中でも、そもそもなぜノーベル賞はそこまで権威であり続けているのだろうか? 『知っていそうで知らないノーベル賞の話』(平凡社新書)の著書があり、住友商事社員としてスウェーデンに在勤していた時から長年ノーベル賞を研究し続けてきた北尾利夫氏は、こう解説する。

「なんといっても、その選考方法が極めて厳格で、長い時間と十分な費用をかけて精緻に行われているということでしょう。ノーベル委員会が世界各国の推薦人に推薦依頼状を発送するのは、授賞式が行われる前年の9月。授賞式が行われるのは、その次の年の12月10日です。10月上旬の受賞者決定から見ても、実に1年以上の期間をかけて選考する。ノーベル賞の賞金は5つの賞(物理学賞、化学賞、生理学・医学賞、文学賞、平和賞。経済学賞についてはコラム参照)で合わせて6億円ですが、この1年以上の選考にも、4億円もの経費をかけているのです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』