サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【香里奈】についてしまった不名誉なあだ名とは?
1511karinas.jpg
『One.』(幻冬舎)

 11月3日に放送されたテレビドラマ『結婚式の前日に』第4話の視聴率が5.7%だったことがわかった。今回の放送は、一夜限りの復活を果たした人気番組『学校へ行こう!』(TBS系)直後の放送ということもあり、高視聴率が期待されていたものの結果は厳しい数字に終わった。

「この日は、放送前からネットニュースやSNSで話題となっていた『学校へ行こう!』の復活SPが放送されるとあって、直後のドラマ『結婚式の前日に』は、前番組の視聴率の恩恵を受けると予想されていました。ですが『学校へ行こう!』は平均視聴率17.8%という高視聴率だったにも関わらず、香里奈のドラマは5.7%と、アップするどころか前週の6.1%より、さらに数字を下げてしまう形となりました」(テレビ誌記者)

 また「学校へ行こう!」のクライマックスは最高視聴率22.1%という数字を記録。つまり、ドラマ終了までに約17%もの視聴率が逃げていったことになる。ドラマ「結婚式の前日に」は、なぜここまで視聴者から避けられてしまったのだろうか?主演ドラマ爆死中の香里奈につけられた不名誉なあだ名とはなんなのだろうか?

「11月3日に放送された第4話の視聴率は5.7%でした。一夜限りの復活で注目を集め、最高視聴率22.1%を叩き出した『学校へ行こう!』直後の放送にもかからず、前週を下回る厳しい結果となりました。今後はさらなる苦戦が予想され、今夏の歴史的大コケドラマ『HEAT』(フジテレビ系)に迫る勢いです」(テレビ誌記者)

 そんな大逆風の香里奈にはいま、業界関係者の間やネット上で“不名誉なあだ名”がつけられているという。

「それが『香里奈▼』です。サッカーの本田圭佑が2010年W杯で活躍した際に、『本田△』が一部で流行しましたが、それをイジったものですね(笑)。香里奈といえば、流出した開脚ベッド画像がフライデーに掲載されましたが、実はオリジナルの画像では下着ははいておらず、三角に黒塗りして下着のように加工されていたと言われています。修整された股間部分が▼に見えることと、右肩下がりの低視聴率を掛け合わせて揶揄されているようです」(芸能ライター)

 スキャンダルの影響もあり、一時は引退を余儀なくされていた香里奈。4年ぶりの主演ドラマでも存在感を見せることができず、しばらくはまた▼状態が続きそうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド